記事

ニュージーランド、学校で生理用品を無料配布へ 「生理の貧困」対策

Getty Images

ニュージーランドは6月から、「生理の貧困」対策として全ての学校で生理用品を無料提供すると発表した。

当局は、タンポンや生理用ナプキンなどが買えないという理由で授業を休む女子生徒がいることを懸念。昨年15校でこのプログラムの試験運用が行われ、成功を収めた。

ジャシンダ・アーダーン首相は、「人口の半分にとって生活の一部である生理を理由に、教育機会を奪われる若者がいてはいけない」と話した。

アーダーン首相によると、ニュージーランドでは生徒の12人に1人が生理の貧困によって、授業を受けられなくなる。

首相は、政府による生理用品の無償提供は、貧困対策のひとつだとして、出席率を改善させ、「子どもたちのウェルビーイング(健康で幸せな、良好な状態にあること)に良い影響を与えられる」と説明した。

この政策による政府の負担額は、今年から2024年までの間に2500万ニュージーランド・ドル(約19億円)になる。

<関連記事>

生理の貧困とは、低所得者が適切な生理用品を購入する余裕がなかったり、生理用品を入手できなかったりする状況を指す。

1回の生理は平均5日続く。たとえばイギリスでは1カ月に最大8ポンド(約1100円)相当のタンポンやナプキンが必要で、一部の女性はそうした生理用品を購入する経済的余裕がない。そのため約1カ月ごとに女性がこの間、外出できず、教育・就業など社会参加の機会が奪われることの悪影響が問題視されている。

英スコットランド議会は昨年11月、世界で初めて、生理用品を無料提供する法案を全会一致で可決。自治体に対し、生理用品を「必要とする人」が無料で入手できるようにする法的義務が課せられた。

英イングランドでも昨年、全ての小中学校で無料提供制度が導入された。アメリカでもいくつかの州で、学校で生理用品の無料提供が義務付けられている。

(英語記事 New Zealand schools to offer free period products

あわせて読みたい

「貧困」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。