記事

整形手術は悪いことですか? カミングアウトで"売名"批判受ける社会に疑問 - 吉沢さりぃ

2/3

「豊胸?」「唇もイジった?」 何から何まで整形しているという偏見

またこんなのもあった。

さほど整形する予定もなければ、自分の顔にも満足していそうな子から「私もさりぃちゃんを見習って、韓国に行って整形しようかなぁ」という“相談マウント”。

例えば、長期休みを取ることができないOLの友人から「鼻を全部整形して輪郭を削りたい」と相談を受けた。

まず、そんな大掛かりな手術は韓国だろうと日本だろうと莫大な資金がかかる。

予算は100万円を超え、ダウンタイム(術後の腫れなどが引き、日常生活に戻る期間)も長いだろうし、整形したことは間違いなく周囲の人もわかってしまう。鼻や輪郭を本気で整形したいのなら、かなりの勇気と下調べが必要なはずだ。それをさも、「オススメの旅行先を教えてくれ」みたいなテンションで相談してくるのだ。

私がいくら真剣に答えても、この相談マウントの締めは毎回同じ。

「彼氏(または夫)に“そんなのしなくていいよ” って反対されちゃった〜」

本当にいい気分がしないのでやめてほしい。

整形をカミングアウトした途端にリアルだけでなく、SNSでも相談されることが増えた。「鼻の整形はどんな手術ですか?」「体の脂肪吸引は痛いですか?」と私が整形経験のない部位の手術費用や痛みの質問をされて困ることも多い。

美容整形に関して発信している有名アカウントの人たちは「あくまで私は医師ではないから、専門的なことはわかりません」 などと投稿していることが多い。「まさに!」といま、自分が発信する立場になって、その投稿の意味がわかった。

イジっていない胸も「それも豊胸?」と言われたり「唇もイジってるよね?」と言われたり、何から何まで整形しているかのように聞かれることも増えた。

最初はバカ正直に「目はイジったけど、ほかはしていない」と答えていたが、いちいち全てに真剣に答えるのも面倒くさくなり、あまりに執拗で失礼な質問には「ご想像にお任せします」と答えることもある。

あわせて読みたい

「整形手術」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  3. 3

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  4. 4

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  5. 5

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  6. 6

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

  9. 9

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  10. 10

    『無職転生』巡り中国で大炎上 中国版”ポリコレ棒”が横行する背景

    NEWSポストセブン

    03月05日 16:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。