記事

姉妹リレー 上白石萌音に続いて、萌歌も朝ドラ出演が決まった - 「週刊文春」編集部

 女優の上白石萌歌(20)が、秋からのNHK連続テレビ小説でヒロイン役を演じる姉の上白石萌音(23)に続いて、2022年春スタートの朝ドラに出演することが、「週刊文春」の取材で分かった。

【写真】この記事の写真を見る(3枚)


姉と一緒に暮らす萌歌 ©共同通信社

 上白石姉妹は鹿児島県出身で、両親が教師の家庭に育った。妹の萌歌は2011年の「東宝シンデレラ」オーディションに姉の萌音をまねて応募。当時10歳と史上最年少でグランプリに輝き、萌音は審査員特別賞を受賞し、2人とも東宝芸能へ所属しデビューした。

 萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)は、6話までの視聴率が全て10%超えと好調で、NHK大河ドラマ『青天を衝け』では天璋院篤姫役を演じている。また、秋から放送される朝ドラ「カムカムエヴリバディ」では主演を務めることが発表されている。「カムカムエヴリバディ」は祖母・母・娘の親子3世代にわたる物語で、萌音は深津絵里や川栄李奈とともにヒロインの1人となる予定だ。

 一方の妹の萌歌も、19年の大河「いだてん」に水泳選手の前畑秀子役で出演。今年1月放送の「教場Ⅱ」(フジテレビ系)ではトラウマを抱える警察学校の生徒役を熱演した。

「『カムカムエヴリバディ』の次に放送される朝ドラは、本土復帰から来年で50年となる沖縄が舞台で す。ヒロインは別にいますが、萌歌は重要な役どころで出演することが決まっています。上白石姉妹のNHKへの貢献が大きいと判断されての起用でしょう」(NHK関係者)

 2月18日(木)発売の「週刊文春」では、萌歌が共演者に語っていた姉妹の仲、3年のメキシコ生活で萌音に起きた変化などについて詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年2月25日号)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  2. 2

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  5. 5

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  6. 6

    東浩紀「“自由”の制限でウイルス消えず…長期的ヴィジョンなき罰則強化は現実逃避」

    文春オンライン

    02月24日 07:27

  7. 7

    ビートたけしが若者に「スマホを手放す勇気を持て」と語る理由

    NEWSポストセブン

    02月24日 17:00

  8. 8

    私がwithコロナではやっぱり飲食業界が厳しいと思う理由

    宇佐美典也

    02月24日 12:00

  9. 9

    2032年夏の大会の優先候補地はブリスベンに IOC

    ABEMA TIMES

    02月25日 08:28

  10. 10

    ZEROは0でない それをwithと言うと思いますが 立憲民主党はやはりPCR利益誘導?

    中村ゆきつぐ

    02月24日 06:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。