記事

橋下徹「森『後継人事』論争で決定的に欠けていること」

森喜朗氏の失言と後任人事をめぐるゴタゴタが長引いている。理想論を戦わせるのはいいが、東京オリンピック・パラリンピックの開催時期が迫るなか、現実には事態収拾を冷静に進める必要がある。橋下徹氏の考えは? プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(2月16日配信)から抜粋記事をお届けします。

なぜ「川渕会長・森相談役」の人事で収まらなかったか

森喜朗氏の発言の騒動が収まらない。

橋下 徹『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)

世論の批判に押され結局森さんは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長職を辞任したが、その後に元日本サッカー協会会長・元Jリーグチェアマンの川渕三郎さんを後継指名してしまった。ここでまたもや大炎上。

川渕さんはいったんやる気を示すも、白紙撤回。これから組織委員会の理事会において後継の会長選任手続きが始まるという。

僕は前号のメルマガで、「森さんの辞任はやむなし。ただし森さんの力を借りる必要があることから、表看板の新会長と裏方の森さんの2枚看板方式で7月に開催されるオリンピックを乗り切ったらいいんじゃないか」と論じた。

そういう意味では、川渕さんと森さんの2枚看板はいい方向だと思った。

ところが川渕さんへの後継指名が猛烈に批判を浴びた。

密室で決めた!! 正式な選任手続きを踏め!! と。

川渕さんが、正式な選任手続きを踏む前に、あたかも自分が会長に就任したような振る舞いはまずかった。しかも引責辞任する森さんを相談役に迎えることを発表したことにも批判が集まった。さらに川渕さんが男性で、84歳という年齢であることからも、もっと若く、女性の方がいいんじゃないかという意見も噴出した。

そして川渕さんは辞退するという顛末になり、現在、組織委員会の理事会において選任手続きが進んでいる。

川渕さん、しゃべりすぎ!!

本来の人事はある程度のコンセンサスを得た上で、正式な手続きを踏むのが常道だ。ところが川渕さんは、森さんと周辺の有力者との水面下のコンセンサスを、そのまま確定的な決定だと思い込んでしまったのだろう。ここは川渕さんたちの感覚が古かったとしか言いようがない。まあこういうワンマン的な要素のある川渕さんだからこそ、アマチュアサッカー界をJリーグというプロ化に転換する大偉業を成し遂げることができたのだろうが。

うまく手続きを進めれば、川渕さんの新会長、森さんの相談役という2枚看板で収まったのに残念だ。

本番直前! 組織委員会の会長人事に何を求めるべきか?

さて、世間は現在、組織委員会の会長人事に多様性や透明性、世代交代などを強烈に求めているが、僕はそのことに違和感を覚える。というのも、世間が組織委員会に求めるものが、その組織の使命や存在意義とズレているように思えるからだ。

世間が求めている会長像とは、改革の旗手、多様性の象徴、日本が女性の活躍を大切にしていることの世界への発信、選任プロセスの透明性……というところだろうか。

どれもこれも、これからの時代に求められる価値観、諸要素であることに間違いはない。

しかし、だ。

そもそも組織委員会とはオリンピック(およびパラリンピック、以下同)が終了すれば解散する一時的な組織である。そしてその性格は、あくまでもオリンピックを実行するための実務組織であって、社会を変えるための組織ではない。そんな組織委員会をいまさら一から大改革する必要もないだろう。不適切な発言と逆切れ会見をしてしまった森さんを会長職から辞任させれば、あとはとにかくオリンピックを滞りなく実行してくれる会長に就いてもらえればいい。

これからの時代に求められる価値観などは、オリンピック開催都市のリーダーである小池百合子東京都知事が体現すればいいじゃないか。

(以下省略/全文はメールマガジンでお読みください)

(ここまでリード文を除き約1300字、メールマガジン全文は約1万1300字です)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol..236(2月16日配信)の「本論」から一部を抜粋したものです。もっと読みたい方は、メールマガジン購読をご検討ください。今号は《【新時代の権力行使(2)】ヒントは古代中国にあり! 膨張中国にブレーキをかける実践的な方法》特集です。

▲大好評!橋下徹×プレジデント社による【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】開講中! 学者やコンサルでは伝えられない「本質」が読める、橋下徹公式メールマガジン【橋下徹の「問題解決の授業」】!
橋下徹本人と双方向の意見交換が出来る唯一の公式サロン【橋下徹の激辛政治経済ゼミ】!
今起きている諸問題を題材に、「激動の時代だからこそ」身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!お申込みお待ちしております!

----------
橋下 徹(はしもと・とおる)
元大阪市長・元大阪府知事
1969年東京都生まれ。大阪府立北野高校、早稲田大学政治経済学部卒業。弁護士。2008年から大阪府知事、大阪市長として府市政の改革に尽力。15年12月、政界引退。
----------

(元大阪市長・元大阪府知事 橋下 徹)

橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  2. 2

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  3. 3

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  4. 4

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  5. 5

    足元がフラつく総理に、改革のリーダーシップは残っているか。風雲急を告げる予算委員会で、菅総理と初対決

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 20:41

  6. 6

    東大就活生の悩みにひろゆき氏「入り方がレールというのは全然問題ない」

    ABEMA TIMES

    03月03日 14:21

  7. 7

    日本eスポーツ連合(JeSU)は結局、何を間違ったのか

    木曽崇

    03月03日 10:45

  8. 8

    AI翻訳のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令「英語は本業の能力とは何の関係もない」

    Ledge.ai

    03月03日 17:31

  9. 9

    10万円給付金問題 新年度予算に給付金が入っていなくて落ち込んだ方たちへ

    藤田孝典

    03月03日 18:52

  10. 10

    首都圏4都県での緊急事態宣言の延長は不可避だろうが、小池さんと東京都には説明責任がある

    早川忠孝

    03月03日 16:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。