記事

何が不快にさせるのか認識していない 反省できない「失言」中高年

こんな人、確かにいる…(イラスト/友利琢也)

「女性が入る会議は時間がかかる」という発言で国内外から批判に晒された森喜朗氏。翌日の会見では発言を「撤回」したものの、「皆さまから邪魔だといわれれば、老害、粗大ゴミになったのかもしれないから、そうしたら掃いてもらえばいいんじゃないですか」と居直ったことも、火に油を注いだ。

「あの様子を見て、会社の上司を思い出した」と語るのは、食品輸入会社に勤める女性Aさん(32)である。

「会議の終わり頃になると決まって『最後に女性からの意見も聞きたいな』と、ニコニコしながら話を振る。本人は“女性に気を遣っている理解のある上司”のつもりなのだろうけど、その発言こそが問題になっていることにまったく気づいていない。ほんと、勘違いしています」

 精神科医の片田珠美氏が指摘する。

「根本的な問題は、失言であることを森氏がまったく理解していなかったことです。“何が女性や若者を不快にさせるか”をきちんと認識していないから、発言した後でも平気な顔をしていられる。悪いと思っていないから、批判されても反省できないのです。

 森氏自身、自分は“老害”だと開き直っていましたが、発言の直後は“自分を辞任させることはできないだろう”“自分は何を言っても結局は許される”とタカをくくっていた。そうした尊大さが透けて見えるから、さらに批判を浴びた。老化に伴って自分の感情を制御しにくくなるので、特に中高年は注意が必要です」

 森氏は今回の失言の際に〈これはテレビがあるから言いにくいんだが〉〈誰が言ったかは言いませんけれど、そんなこともあります〉と、“世間の目”を気にしているそぶりを見せた。これも嫌われる。

 機械メーカーに勤務する女性Bさん(23)は怒りを露わにする。

「会社に商談で来た取引先の社長にお茶を出したら、『いやあ、こんなこと言うとイマドキ怒られちゃうけど、やっぱり若い女性にいれてもらうと嬉しいね』と。

 マズイとわかっているはずなのに言ってしまう神経が本当に理解できません。前置きしておけば、何を言っても怒られないどころか、喜んでくれるとまで思っていそうなところが、ますます腹立たしい」

 立場上、「ありがとうございます」と作り笑顔で言うしかなかったのが辛かったという。

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号

あわせて読みたい

「森喜朗」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    無理筋な「イラネッチケー」裁判判決

    自由人

    03月06日 18:09

  3. 3

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  4. 4

    T・ウッズ交通事故「7つの謎」が解明される日 - 舩越園子

    新潮社フォーサイト

    03月06日 13:17

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    菅総理が知らないブラック霞が関

    千正康裕

    03月06日 17:18

  7. 7

    解呪と供養のためにシン・エヴァンゲリオンを観に行く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    03月06日 17:11

  8. 8

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  9. 9

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  10. 10

    そう遠くない金融バブルの崩壊 インフレによる資産の大幅目減りなど一般人に影響も

    澤上篤人

    03月05日 17:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。