記事
  • ロイター

ビットコイン初の5万ドル台、主流資産への成長期待も


[シンガポール/ロンドン 16日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)ビットコインが16日、最高値を更新し、初めて5万ドル台に乗せた。機関投資家の買いが追い風となっており、メインストリームの投資家の間でも受け入れが進んでいるもようだ。

ビットコインは一時5万0602ドルを付け、その後は2.7%高の4万9100ドル。年初来の上昇率は約70%で、大部分は電気自動車(EV)メーカー大手テスラがビットコインに15億ドル投資し、ビットコインを決済手段として受け入れると表明したことを受けたものだ。

AJベルの投資ディレクター、ラス・ムールド氏は「多くの人がビットコインを受け入れ、通貨として利用すればするほど、メインストリーム通貨になる可能性が高まる」と指摘。「そうなれば、ビットコインに対する投機的な関心が一段と大きくなる」との見方を示した。

デジタル資産を手掛ける企業デジネックス(香港)のセールスマネジャー、ジャスティン・ダヌタン氏は「ビットコインは過去4─5日はレンジ相場となっており、失速モメンタムか値固め局面を示唆している」と指摘。「われわれは後者だと信じている」と述べた。

暗号資産ヘッジファンドARK36のジェイコブ・スカーニング氏は「最近の市場環境に加え、暗号資産や金融に絡むイベントの数々がこうした値動きにつながっている。個人的には長期見通しに強気だが、目先、大規模な価格変動が起きてもおかしくなく、ビットコインはなお非常に不安定だ」と話した。

イーサリアムも1.5%上昇し、最高値の1874.98ドルに迫っている。

ビットコインはここ数カ月、テスラのほかにも大口、小口双方の投資家から前例のない規模の買いを集めるなどしている。

ジョーンズ・トレーディングのチーフ市場ストラテジスト、マイク・オルーク氏は「デジタル通貨が主流になればなるほど、規制当局が注意を払うようになることをわれわれは一層見込むべきだ」と指摘。実際、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁とイエレン米財務長官は先月、マネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪行為に利用される恐れがあるとの懸念から、ビットコインの監督強化を呼び掛けている。

JPモルガンは先月、ビットコインは金のライバルとして台頭したとし、安全資産としての地位が確立されれば14万6000ドルまで上昇すると予想。市場ではビットコインが「デジタル版の金」になるとの見方も出ている。

ただ、セントルイス地区連銀のブラード総裁は16日、CNBCのインタビューに対し、ビットコインが金の競合相手になったとしても、ドルの支配が揺らぐことはないとの認識を示した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  7. 7

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  8. 8

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  9. 9

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。