記事

「歓送迎会・お花見に関するアンケート」調査

 新型コロナ感染拡大で多くの企業が忘新年会を取りやめ、静かな年末年始を過ごした。例年、次の節目は歓送迎会とお花見だが、忘新年会よりも開催を断念する企業が多いようだ。

 コロナ禍で1月7日、政府は11都府県に再度の緊急事態宣言を発令した。その後、10都府県では1カ月延長され、歓送迎会やお花見を「開催しない予定」の企業は97.6%に達した。

 今回のアンケート調査では有効回答1万1,119社のうち、歓送迎会やお花見を「開催しない予定」と回答した企業は97.6%(1万861社)だった。大企業が98.6%、中小企業が97.5%で、感染拡大防止に企業規模は関係なく取り組んでいる。

 都道府県別は、緊急事態宣言下にある10都府県のうち、東京98.6%(2,683社中、2,646社)、神奈川99.6%(533社中、531社)、千葉98.9%(272社中、269社)、愛知99.0%(539社中、534社)などで99%前後に達し、7都県で「開催しない」が全国平均を上回った。

 最高は徳島県の100.0%(45社中、45社)、最低は島根県の92.0%(50社中、46社)だった。

 昨年12月実施の忘新年会のアンケート調査では、「開催しない予定」と回答した企業は94.2%で、今回はそれを3.4ポイント上回った。すでに宴会や会食の自粛が定着するなか、再度の緊急事態宣言発令で時短営業、外出自粛により打撃を受けている飲食店や関連業種は多い。長引くコロナ禍で春の“稼ぎ時”もまた厳しい季節になりそうだ。

  • ※2021年2月1日~8日にインターネットでアンケートを実施し、有効回答1万1,119社を集計、分析した。
    資本金1億円以上を大企業、1億円未満や個人企業等を中小企業と定義した。

本調査結果の詳細はPDFファイルをご覧ください。

「歓送迎会・お花見に関するアンケート」調査[PDF:704KB]PDFファイルへのリンクです。

あわせて読みたい

「飲み会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  3. 3

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  4. 4

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  5. 5

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  6. 6

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  7. 7

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  10. 10

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。