記事

トランプの背後にある思想――『アメリカ保守主義の思想史』(青土社) - 井上弘貴

2021年1月6日は、アメリカ史に残る日となった。この日、首都ワシントンDCのホワイトハウス近くの野外広場でトランプ大統領の集会がおこなわれた。この集会に参加した支持者たちの一部が、トランプの演説後、連邦議会議事堂に大挙して押し寄せ、議事堂に突入した。議会ではこの日、前年の大統領選挙の結果を受けて、各州から提出された選挙結果(選挙人団の数)を確認してそれを承認する手続きが進められていた。この作業は中断され、ペンス副大統領を含めた議員たちは避難を余儀なくされた。議事堂乱入は死傷者が出る事態となった。

トランプはこの日の演説の最初に、かれの集会でのお決まりの発言だが、支持者たちの背後にいるカメラや報道関係者を指さして、「フェイクニュースメディア」と呼び、かれらこそが問題だと支持者たちを焚きつけた。事実であるかそうでないかは別として、メディアはエリートたちによって牛耳られており、正しいニュースを流していない(フェイクニュース!)という見方は、トランプ政権の4年間のなかでこれまでになく多くの人々に浸透した。この見方はアメリカを越えて、日本を含めた世界の一定の人々に共有されており、陰謀論が力をもつ源にもなっている。

メディアをはじめとする主要な社会の制度が、エリートたちによって牛耳られているという見方は、左派の側からもしばしば出されるが、アメリカにおいては右派であるところの保守の側からも、長年にわたって出されてきたことは、日本では意外と知られていない。本書『アメリカ保守主義の思想史』は、日本ではまだ十分に知られているとは言い難い、アメリカの保守主義の思想の歴史を主要人物たちの伝記的な側面も含めてたどりながら、トランプを支持する保守知識人たちの登場までを描いたものである。

戦後アメリカの保守主義は「保守」とは名ばかりで、左派にまったくひけをとらないほどアメリカ社会の変革を目指す思想だった、というのが本書の基本的な主張である。ニューディール・リベラリズム、1960年代のより左傾化したリベラリズム(本書ではニューポリティクス・リベラリズムと呼んでいる)、そして今日のポリティカル・コレクトネス・リベラリズムと、アメリカ社会を変えようとするリベラリズムという数度にわたる「革命」の波に抵抗する、そう言ってよければ「反革命」の思想が戦後アメリカの保守主義だった。革命に抗する側は革命側と同じ程度に過激である、という構図である。実際に本書に登場する保守の知識人の多くが、マルクス主義からの転向者、あるいはそうした転向者から深く影響を受けた人々である。かれらは驚くほど左派とよく似た世界理解の視座、社会変革のための政治戦略を採用してきた。これが本書のポイントのひとつである。

かれらが採用してきたコンセプトのひとつが、経営者階級やニュークラスである。経営者階級はトロツキズムからの転向知識人であるジェイムズ・バーナムが用い、ニュークラスはアーヴィング・クリストルやノーマン・ポドレッツらネオコン第一世代が使った概念である。ニュークラスに焦点を絞れば、この言葉でクリストルたちは戦後の社会に登場してきた大卒の専門職の社会階層を指し示したが、この階層こそが今やアメリカの新しい支配層になりつつあるとかれらはかつて理解した。この理解は、戦後アメリカ保守のなかのさまざまな潮流に引き継がれ、今日、トランプを支持する知識人たちにも継承され、エリート対ピープルというポピュリズム的思考のベースになっている。

トランプの言う「フェイクニュース!」というかけ声は、「俺は気に食わない」という意味以上のものをもたないかもしれない。ただ、トランプの直感を「トランプ主義」へと高めようとしてきた、あるいはこれからも高めようとしていくひとたちが、ニュークラスのような概念によって自分たちの主張をつくりあげていることは知っておいて良いだろう。本書がその手がかりになれば幸いである。

本書のもうひとつのポイントは、左派がさまざまな潮流にわかれ、相互に対立してきたのと同様に、右派である戦後アメリカの保守もまた、内部がさまざまな潮流にわかれ、相互に対立してきたということである。本書では、戦後アメリカの保守の主流を形成した、ウィリアム・F・バックリー・ジュニアらニューライトの思想から出発し、そこにネオコンたちが合流していった過程を描くとともに、この主流からはじき出された人々、言わば戦後アメリカの保守の傍流にも光をあてた。

2000年代のアメリカによるイラク侵攻の際、侵攻を批判するアメリカ内部の声としてノーム・チョムスキーといった左派の知識人の主張は日本でもよく紹介された。ただ、当時アメリカの内部で政府の対外政策を批判した側には、保守も含まれていた。その保守は、ネオコンと激しく対立したペイリオコンと呼ばれる潮流である。その後、このペイリオコンたちはトランプを熱狂的に支持する知識人グループになっていった。

2016年大統領選挙に先立つ共和党の候補者レースのなかでトランプが台頭し、実際に共和党の大統領候補となるなかで、従来の戦後アメリカの保守の主流は反トランプの論陣を張り、傍流は親トランプの側についた。トランプがヒラリー・クリントンを制して大統領選挙に勝利すると、従来の傍流はますます勢いを増し、反トランプだった主流側の少なくない者たちが、トランプの軍門にくだった。

2020年大統領選挙でトランプが敗北し、支持者による議事堂突入、その後の下院によるトランプへの2回目の弾劾決議という一連の出来事を残しつつ、トランプがホワイトハウスを去った今、進行中だった戦後アメリカの保守内部の勢力再編がさらにどのように推移するのかは、まだまだ不透明である。戦後アメリカの保守内部の動きを今後ともウォッチする際に、本書が引き続きその布置を理解する助けになれればと思う。

https://amzn.to/3d9tcBY

目次

序章 もうひとつの社会改革思想? 
 1 沸き起こったトランプを退場させよの声
 2 台頭する別様の保守たち
 3 覆い隠されてきた対立と「反革命」という共通項
 4 支配階級への反抗というこだわり

第1章 オールドライトからニューライトへ バックリー・ジュニアと仲間たち
 1 ニューライトとは
 2 ニューライトの貴公子、バックリー・ジュニア
 3 崩壊した中流家庭のもとで
 4 ソ連のスパイとなって
 5 ニューディールという革命
 6 マッカーシズムを擁護する
 7 『ナショナル・レヴュー』誌の創刊

第2章 ニューライトの思想  融合主義と『ナショナル・レヴュー』 誌
 1 ニューライトの思想的マニフェスト、融合主義
 2 あるコミュニストの半生
 3 アメリカ保守主義のアイデンティティの模索
 4 融合主義とは
 5 リヴァイアサンに抗しつつ共同の防衛に備える
 6 オールドライトを継承して
 7 融合主義のなかの優先順位

第3章 リベラリズムに背いて ニュークラスの時代とネオコンの誕生
 1 参加デモクラシーの高まりか、ニュークラスの台頭か
 2 ネオコンサーヴァティズムの五つの要素
 3 ネオコンのゴッドファーザーの思想形成
 4 『コメンタリー』誌を引き継いで
 5 ホワイト・エスニックからみた人種問題
 6 オクラホマからの立身出世
 7 資本主義に万歳二唱
 8 ニュークラスがもたらした価値転換

第4章 「新しい保守主義」の源流 社会的保守とシュトラウス学派 
 1 アメリカ保守主義変容のミッシング・リンク、ジャファ
 2 新しいニューライト/キリスト教保守の登場
 3 アメリカ保守主義の基礎を求める論争の継続
 4 シュトラウスとリンカンの隠れたつながり
 5 リンカンは保守のヒーローか
 6 思想的な南北戦争と「新しい保守主義」
 7 社会的保守としてのジャファ

第5章 戦後保守主義のほころび ネオコンvs.ペイリオコン
 1 延命された融合主義
 2 ペイリオ・コンサーヴァティズムという鬼子
 3 トランプに先駆けた男
 4 ミドルアメリカン・ラディカリズムの現状分析と政治戦略
 5 大量移民に徹底抗戦する
 6 白人としての人種意識を喚起する
 7 愛国をめぐるヘゲモニー

第6章 トランプに賭ける 傍流の反転攻勢
 1 存在感を増してきた西海岸シュトラウス学派
 2 「ユナイテッド航空九三便」としての二〇一六年大統領選挙
 3 「アメリカは移民たちの国ではない」
 4 「共和主義労働者党を建設せよ」
 5 ナショナリズムの美徳

終章 戦後保守主義再編の選択肢
 1 中産階級の復興を求めて
 2 リフォーミコンの伸張はあるか
 3 融合主義の再興は可能か

知のネットワーク – S Y N O D O S -


シノドス・ライブラリー(SYNODOS Library)
数多ある新刊のなかから、シノドスおすすめの書籍をセレクト。著者による「読みどころ」とともに紹介していきます。ぜひ読書案内としてご活用ください。

「シノドス・ライブラリー」編集委員
芹沢一也(シノドス編集長)
橋本努(社会哲学、北海道大学)

あわせて読みたい

「保守主義」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  3. 3

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  4. 4

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  9. 9

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  10. 10

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。