記事
  • ロイター

午前の日経平均は続伸、3万0500円台 連日のバブル崩壊後高値更新


[東京 16日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比480円04銭高の3万0564円19銭と続伸した。日経平均、TOPIXともに連日のバブル崩壊後の高値更新となった。

15日の米国株式市場はプレジデンツデーに伴い休場。アジアの主要株式市場も春節(旧正月)で休場となり全体的に材料に欠けるなか、日経平均は前日に3万円の大台を回復し高値圏で引けたことから、好地合いを継続。前引けにかけてじりじりと上げ幅を拡大する展開となった。

TOPIXは7日続伸し0.89%高で午前の取引を終了。7営業日連続でバブル後高値を更新し、一時1971.42ポイントまで上昇した。

東証1部の売買代金は1兆4453億5100万円。東証33業種では銀行業、海運業、鉱業などの27業種が値上がり。金属製品、水産・農林業、輸送用機器などの6業種は値下がりした。

市場では「強い地合いのなかで、特別なニュースがなくても株価が上昇する展開となっている。連日の30年以来の高値更新で青天井となるなか、売りに動く投資家は少ないとみる。今は業績期待相場となっているが、本格的な業績相場となるまでは強い地合いを継続するのではないか」(国内証券)との声が出ていた。

個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、東京エレクトロン、エムスリー、アドバンテストなど、指数寄与度の高い銘柄がしっかり。5銘柄で日経平均を約310円押し上げた。

その他、電通グループは4.21%安。15日発表した2020年12月期の連結業績決算(国際会計基準)で純損益が過去最大の赤字となったことや、21年12月期の連結業績・配当予想の公表を見送ったことなどが嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり942銘柄に対し、値下がりが1141銘柄、変わらずが108銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    10万円給付金問題 立憲民主党も非課税世帯中心に限定給付案をまとめる これでは政権奪取は無理だ

    藤田孝典

    02月25日 13:53

  5. 5

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  6. 6

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  7. 7

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  8. 8

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  9. 9

    森会長の発言ってどうしてここまで叩かれてるの?と思った時に読む話

    城繁幸

    02月25日 15:53

  10. 10

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。