記事

平時と有事のグレーゾーンで“プチ緊急事態宣言”? 新型コロナ特措法「まん延防止等重点措置」の“落とし穴” 「訴訟でほぼ確実に負ける」

1/2

 13日から施行された新型コロナ対策の改正特措法により設けられた「まん延防止等重点措置」。緊急事態宣言の前段階として、政府が指定した都道府県の知事が市町村単位まで絞り込んで、飲食店への時短営業やマスク着用をしない人を入場禁止にするよう命令できる措置のことで、違反の場合には20万円以下の過料が科される。

【映像】何が問題? 大手メディアが報じない「まん延防止等重点措置」の欠陥

 しかし、同措置には緊急事態宣言とは違い、国会への事前報告の義務がないことから恣意的な運用を懸念する声もある。緊急事態宣言が出ているときを有事、そうではないときを平時とし、平時と緊急事態の“グレーゾーン”に作られた新たな措置。具体的には国が定めるステージIVで緊急事態宣言、その手前のステージIII、感染急増の状態で、まん延防止等重点措置に当たる。

 ニュース番組『ABEMA Prime』では、専門家とともに「まん延防止等重点措置」の“落とし穴”に注目した。

■「まん延防止等重点措置」設けられた“グレーゾーン”の意味

「平時」と緊急事態宣言の中間に作られた「まん延防止等重点措置」。あえてグレーゾーンを作る意味はどこにあるのだろうか。弁護士の倉持麟太郎氏は「中身と法的な問題と政策的な問題がある」と話す。

「原理的な話をすると有事と平時は全然違う。平時は普段の自由を謳歌できる状態で、有事は緊急事態で『市民社会を守るために自由をいったん停止しましょう』という発想。だから法的にはかなり厳格に線を引いておかないといけない。国会の承認が必要だったり、後々に裁判所がちゃんと判断できたり、そういうことをセットでやらなければいけない。

グレーゾーンとしているが『まん延防止等重点措置』は、これまでの緊急事態宣言よりも強いこと(重い命令や罰則など)ができるもの。にもかかわらず、国会の関与はない。期間の延長に関しても無限ループで延長できる。平時か有事かよく分からなくなる」

「緊急事態宣言と何が違うかというと。罰金が10万円違うだけ。今の感じだと『まん延防止等重点措置』が出たらみんな自粛するだろう。そうすると、緊急事態宣言が出たときに、何が起きるか。『罰則が10万円違うだけ』と言ったときに、緊急事態宣言が出たからといって行動変容を調達する(促す)ときに効果が極めて薄くなってしまう。法的にも政策的にも問題がある」

 倉持氏の意見を聞いた平石アナウンサーは「説明するのに時間がかかったりするのもあって、ニュースで扱いづらい。まん延防止と聞いた瞬間に聞きたくなくなるワードというのも問題だ」と意見を述べる。

「『まん延防止等重点措置』は2月13日から始まったが、これまでの緊急事態宣言になかった、要請をして応じないときの命令、それに違反した場合の罰則がついている。これまでの緊急事態宣言になかった効力があるものが、グレーゾーンでできるようになる。

『まん延防止等重点措置』の成立に伴って、緊急事態宣言でもできなかった命令や罰則ができるようになる。それなのに2月13日から変わることがあまり知られていない。さらに緊急事態宣言、有事で構えている状態ではないのに、グレーゾーンの形で政府がいつでも(罰則を伴う対策を)打てる状態になることも問題だ」

 一方、番組にリモートで出演したひろゆき氏は「緊急事態宣言が終わったとしてもコロナ禍は終わっていない」と指摘。

「平時のままコロナが収まってくれればいいが、平時のままでみんなが自由に動くと、やはり新型コロナの感染が拡大すると世界中で証明されている。ロックダウンをして、ロックダウンをやめたら(感染が)増えた、そしてまたロックダウンする。それを世界中がやっている。

ロックダウンや緊急事態宣言が終わったとしても、何らかの感染が広がっているところには自由を制限しないといけない。それは新型コロナを収束するためには必要だと思う。罰金10万円なのか、営業自粛なのか、個別のやるべきことは議論の余地はある。少なくとも、緊急事態宣言の前に何かグレーなものがないと自由になってしまうのであれば、それはそれでまずい」

 ひろゆき氏の意見に、前述の倉持氏は現状のまん延防止等重点措置の“欠陥”を提示する。

「今、平時には、特措法の24条に書いてある『都道府県知事がなんでも協力要請できる』という内容で全てをやっている。法的根拠があるかどうかもよく分からないし、基本的に強制力もないので、裁判所で後々争うこともできない。そうではなく、例えば緊急事態予防措置のようなものを作って、国会承認なども取り、司法的な救済もできる状態で、有事の緊急事態宣言では、もう少し厳しいことができるようにしないといけない。今の緊急事態宣言ではエボラ(出血熱)などが流行ったときに何もできない」<

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  2. 2

    一都三県から緊急事態延長要請、東京都の「重症病床使用率」修正問題が未解決のままで良いのか?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 09:35

  3. 3

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  4. 4

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  5. 5

    政策に反対する官僚の更迭は当然=菅首相

    ロイター

    03月03日 12:35

  6. 6

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  7. 7

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  8. 8

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  9. 9

    「令和のゼロ戦」の開発で、防衛省が絶対に譲らなかったひとつの条件

    PRESIDENT Online

    03月03日 11:02

  10. 10

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。