記事

森会長の女性発言は「自虐的な冗談」現場では失笑も… 堀潤氏「俺が言うのもなんだけどね…というものだった」


 12日に開かれた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の臨時会合に女性蔑視発言が問題視された森喜朗会長が出席し、謝罪とともに辞任の意向を正式に表明。森氏の後任については一時、川淵氏の名前が挙がるなどしたがその後、辞退するなど迷走を続けている。

【映像】森会長発言に現場では失笑も

 当初、後任人事については政府の意向が働いたなど様々な情報が飛び交ったが、そのことについてジャーナリストの堀潤氏は「オリンピックは基本的には都市の開催であり、市民の祭典。オリンピックの憲章の中で国の関与は明確に否定されているので、菅さんや政府が誰を推しているというのは、さらに国際的に叩かれる火種を生みかねない」と警鐘を鳴らす。

 また堀氏は、オリンピック・パラリンピック組織委員会のメンバーに対して、森氏の発言の実際の文脈について聞いた話として「確かに、女性が出てきたら話が長くなって云々…という話はしていたというが、組織委員会の中で一番話が長いのは森さん。だから、その場には同調した笑いではなく『え、お前が言う?』という失笑が漏れたらしい」と打ち明けた。

 さらにその時の森氏の反応についても触れ「森さん自身もその辺はよくわかっていて、『俺が言うのもなんだけどね…』というものだった」と森氏の自虐的な冗談であったことも明かした。

 この話を聞いた千原ジュニアが「なるほど」とうなづき「そのボケが、ボケとしてしっかり伝わらなかったということですか」と応じると、堀氏は「そうですね。それが活字になったときに…そんな舞台裏でしたね」と話した。

 森氏は12日の組織委員会において発足してからのことなどを振り返りつつ、「女性を蔑視する気持ちは毛頭ないし、オリンピック・パラリンピック、いわゆる障害のある人・ない人みな同じと扱って慰労してきた。そういう意味で、このひと言でこうなったのは、私自身の不注意もあったかもしれないが、長い83年の歴史の中で情けないことを言ったものだ」などと問題の発端となった自身の発言について述べている。(ABEMA『ABEMA的ニュースショー』)

あわせて読みたい

「森喜朗」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

  2. 2

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  3. 3

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  4. 4

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  5. 5

    「SDGsな未来へ」が意味するもの

    自由人

    02月27日 11:16

  6. 6

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  7. 7

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  8. 8

    そろそろ、バブル崩壊はじまるかな!

    澤上篤人

    02月26日 15:50

  9. 9

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  10. 10

    養老孟司が語る「コロナの壁」とは? パンデミックで暴かれた“日本的空気”の問題点 - 伊藤 秀倫

    文春オンライン

    02月26日 19:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。