記事
  • ロイター

第4四半期のタイGDP、前年比-4.2% 予想より小幅なマイナス


[バンコク 15日 ロイター] - タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比4.2%減と、マイナス幅はロイターがまとめた市場予想(5.4%)よりも小さかった。新型コロナウイルス対策の制限緩和で国内の経済活動と輸出が回復した。

季節調整済みの前期比は1.3%増と、エコノミスト予想の0.8%増を上回った。

第3・四半期のGDPは前年比6.4%減、前期比6.2%増(改定値)だった。

2020年のGDPは6.1%減と、1998年以降で最大の落ち込みとなった。市場予想は6.4%減。

NESDCは今年の予想を2.5─3.5%のプラス成長と、従来の3.5─4.5%のプラス成長から引き下げた。国内で昨年12月に新型コロナウイルス感染が拡大したのを受けて下方修正した。ただ、輸出については、4.2%増から5.8%増に予想を引き上げた。

今年の外国観光客来訪予想は500万人から320万人に引き下げた。2020年は670万人、2019年は約4000万人だった。

アユタヤ銀行のチーフエコノミスト、Somprawin Manprasert氏は、GDP統計に意外感はないとし、経済がコロナ禍前の水準に戻るのは、従来予想より遅れて2022年第3・四半期になるとの見方を示した。

DBSのエコノミスト、Radhika Rao氏は、財政支援が今年の回復を下支えする鍵とみている。

政府はコロナ禍で打撃を受けた経済を支援するため1兆9000億バーツ(636億1000万ドル)規模の対策を打ち出し、中央銀行は昨年、政策金利を75ベーシスポイント(bp)引き下げ過去最低の0.50%とした。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  3. 3

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  4. 4

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  5. 5

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  6. 6

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  7. 7

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  8. 8

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  9. 9

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

  10. 10

    緊急事態宣言延長 ~ 総理は国民に一体何を詫びているのか

    近藤駿介

    03月06日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。