記事
  • ロイター

カナダ当局、世界初となるビットコインETFの発行承認


[トロント 12日 ロイター] - カナダの資産運用会社、パーパス・インベストメンツは12日、世界初となる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの上場投資信託(ETF)の発行をカナダ規制当局が承認したと明らかにした。

パーパス・インベストメンツは、オンタリオ証券委員会(OSC)が「パーパス・ビットコインETF」を承認したと声明を発表し、OSCもこれを確認した。

パーパス・インベストメンツは「このETFは、デリバティブ(金融派生商品)ではなく、物理的に決済されたビットコインに直接投資する世界初のものとなり、投資家は暗号通貨という新たな資産クラスに容易に、かつ効率的にアクセスできるようになる」と説明した。

投資家はこれまで、シカゴ先物市場(CME)の先物を利用してビットコイン取引が可能だった。また、トロント証券取引所でビットコイン・ファンドなどのクローズドエンド型のファンドを購入することもできた。

ノースランド・ウェルス・マネジメントのアーサー・サルザー最高経営責任者(CEO)は、プレミアムではなく純資産価値での購入が可能になるなど、ETFは投資家にとり複数の利点があると指摘している。

ニューヨークのCFRAのETFリサーチのディレクター、トッド・ローゼンブルース氏によると、米国では2013年以降、8社がビットコインETF立ち上げを試みたが実現しなかった。

SECは、市場操作の可能性を懸念している他、ファンドの資産保有状況を確認する監査プロセスも課題となっているとみられる。

ローゼンブルース氏は「カナダでビットコインETFが承認されたことで、米国でも承認される可能性があるとの期待も出ている。だが、新政権下でSECはVanEckなどの申請を時間をかけて行うとわれわれは予想している」と述べた。VanEckはニューヨークに拠点を置く資産運用会社。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  2. 2

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  3. 3

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  4. 4

    10万円給付金問題 立憲民主党も非課税世帯中心に限定給付案をまとめる これでは政権奪取は無理だ

    藤田孝典

    02月25日 13:53

  5. 5

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  6. 6

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  7. 7

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  8. 8

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  9. 9

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  10. 10

    Go Toトラベル、再開是か非か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    02月25日 10:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。