記事
  • ロイター

第4四半期シンガポールGDP改定値、前年比-2.4% 速報値から改善

[シンガポール 15日 ロイター] - シンガポール貿易産業省が15日発表した2020年第4・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前年比2.4%減と、速報値の3.8%減より小幅なマイナスとなった。製造業部門の成長が寄与した。

アナリスト予想は3.5%減だった。

季節調整済みの前期比では3.8%増だった。

貿易産業省のガブリエル・リム次官は「シンガポール経済は2021年に緩やかに回復する見込みで、GDPがコロナ前の水準に回帰するのは下半期となる見通しだ」と述べた。

2020年のGDPは5.4%減と、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により過去最大のリセッション(景気後退)となった。速報値は5.8%減。

シンガポール政府は今年のGDP成長率をプラス4─6%と予想している。

政府によると、外需中心の部門は世界的な経済活発化の恩恵を受ける公算が大きいが、観光や航空に関連する部門の活動水準は今年末になってもなお、コロナ前の水準を下回るとみられる。

HLバンクのシニア・トレジャリー・ストラテジスト、ジェフ・ウン氏は「今後の見通しは引き続きまだら模様だが、われわれは総じて楽観視している」と語った。「下振れリスクが再び顕在化することがなければ、われわれの2021年のGDP成長率予想である6.3%よりも好調になる可能性も多少あるとみている」と述べた。

シンガポールでの新型コロナ新規感染者数はほぼゼロに抑えられており、ワクチン接種も始まっている。ただ、世界的な感染者急増や感染力が強い変異株の出現を受けて国境封鎖を解除するペースは鈍っている。

リム次官はシンガポール経済が開放型かつ貿易依存型であるため、景気回復の大部分が国内よりも海外での状況に関連付けられることになると語った。

シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)の副マネジング・ディレクター、エドワード・ロビンソン氏は記者会見で、現在の政策スタンスに変更はないと述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「日本の技術力は世界一」という幻想 製造コストが高い理由は人件費なのか

    非国民通信

    03月01日 14:00

  4. 4

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  5. 5

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  6. 6

    「ファンタ ゴールデンアップル」は存在しなかった? 平成の都市伝説からみるフェイク判定の難しさ

    赤木智弘

    03月01日 12:51

  7. 7

    世界コロナ感染者7週ぶり増加、年内の終息「非現実的」=WHO

    ロイター

    03月02日 03:20

  8. 8

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

  9. 9

    山田真貴子内閣広報官の留任→入院→辞任。責める側に問題があれど、菅内閣の危機管理はあまりにお粗末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月02日 08:27

  10. 10

    定期券は支給されるのになぜ!?青春18きっぷを偽造して通勤していた国交省職員の怪

    阿曽山大噴火

    03月01日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。