記事

僕は有名人ではありません—「有名レベル」を1〜3で考えてみる

たまに「イケダさんは有名ですよね」みたいなことを言われるのですが、謙遜とかではなく、まったくそんなことはないと思っています。


有名レベルを1〜3で考える

画像を見る

レベル分けするとこんな感じでしょうか。

僕がみなさんに「有名ですよね」と言われるのは、せいぜいレベル3か、レベル2の話です。確かに僕は「ソーシャルメディア関連では」「ブロガーとしては」有名かもしれません。が、それは特定のクラスタの中の話であって、外の世界では「誰こいつ?」というレベルです。

もう少し有名レベルが高まると、学生時代の同級生が、「あいつ今有名らしいぜ」と認知してくれるレベルになります。地元に帰ると「この間雑誌で見たよ!」と友だちからいわれる程度の有名度合いです。メディアにたまに出たり、書籍を出版するとこのレベルに達するでしょう。

レベル3は、テレビしか見ないような、町行くおばちゃんですら自分のことを知っている状態でしょう。これが最高レベルだと思います。レベル2とレベル3には大きな境目があり、メディアにたまに出る、書籍を出す、その程度ではレベル3に到達できません。世の中にはたくさんの著者やコメンテーターがいますが、その99%以上を僕らが認知できないことと同じです。


レベル2とレベル3の差はでかい

リンク先を見る 「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)

勝間和代さんが「有名人になるということ」の中で書かれていますが、『「特定のセグメントの人に知られている」ということと、「不特定多数の人が知っている」ということは雲泥の差』です。

レベル2とレベル3では、実生活上のデメリットのレベルも変わってくるでしょう。例えば、まったく車が走っていない道路を徒歩で信号無視をしただけで、「あいつが信号無視していたぞ!」とツイッターで糾弾され、炎上するかもしれません。とりわけ日本は監視の目がきつい社会だと思うので、かなり生きづらくなるのではないでしょうか。

僕はとりあえず、レベル3は目指さない方向で考えています。テレビなどに出ることがあっても、「たまに」に抑えたいと思います。レベルが一度上がってしまうと、なかなか元のレベルには戻らないので、慎重にコントロールしたいところです。


そんなわけで「有名レベル」について考えてみました。パーソナルブランディングが容易な時代ですし、何かの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

「勝間和代」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  2. 2

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  3. 3

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  4. 4

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  5. 5

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  6. 6

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  7. 7

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  8. 8

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  9. 9

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  10. 10

    野村、米顧客取引関連で今期650億円の損失計上 ポジション処理完了

    ロイター

    05月18日 18:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。