記事

多摩の70代食堂店主は「1日6万円の休業協力金」の使途に頭を悩ませていた

1/2
1月、飲食店に掲示された臨時休業のお知らせ(イメージ、時事通信フォト)

 緊急事態宣言により営業時間を短縮した飲食店への休業協力金は必要なことだろうが、一律で1日あたり6万円という価格設定に注目が集まっている。店舗の規模や立地によっては売上よりも多い店が少なくないのでは、という指摘も相次ぎ協力金バブルを疑うような声も上がっている。俳人で著作家の日野百草氏が食堂経営70代男性の困惑をレポートする。

【写真】2度目の緊急事態宣言で休業

 * * *

「いきなり6万円なんて雑ですよ、ウチみたいな小さいとこが1日6万円、ありえません」

 東京多摩、私鉄沿線の各駅停車しか停まらない小さな駅で、木村亮助さん(70代、仮名)は食堂を経営している。食堂といってもいまは開店休業状態で、昼は近所の工員、夕方過ぎには馴染みの客が酒とつまみ程度に来る店だ。昔は繁盛していたが、大きな工場の移転と駅前の牛丼チェーンなどに押され、店の経営は半分趣味になっている。

「近所の小料理屋なんか休んでます。見たでしょう、どこもお休みです」

 確かに。駅前から続く道すがら、小料理屋だけでなく、小さな飲食店のほとんどは「休業のお知らせ」の張り紙を思い思いのデザインで貼りつけてシャッターを下ろしていた。

「休んだほうがいいって判断でしょうね。この辺の個人(の飲食店)で一日の利益が6万なんてありえませんから。どの店とは言えませんが、夫婦で温泉巡りに行っちゃいましたよ」

 筆者の注文したしょうが焼き定食を置くと、少し離れた席に腰掛けるマスク姿の木村さん。客は筆者しかいない。以前は飲みに来る馴染みや仕事帰りの独身者を見込んで夜9時までやっていたが、緊急事態宣言後は1時間早めて夜8時に閉めるという。

「うちも休んだっていいんですけど、好きで店をやってますからね。趣味みたいなもので」

 木村さんは夫婦揃って年金受給者。店は古いが自己所有。奥さんの実家が土地持ちだったので駐車場も複数所有している。引退して悠々自適でもいいはずだが、料理を振る舞い、馴染みのお客と触れ合うことが大好きな木村さんはずっと店を続けてきた。そこに襲いかかったのがコロナ禍だ。

「去年の緊急事態宣言でも店は開けました。ほとんど知り合いしか来ませんでしたけど、仕事の人には助かったって感謝されましたね」

 コロナ禍だ、自粛だ、緊急事態宣言だと言っても多くの人は出社して働いている。工事現場の作業員や交代制の工員などエッセンシャルワーカーを中心に、少ないながらも木村さんの店に来たという。

「うちは食べるに困ってませんから。息子は公務員だし、娘も九州に嫁いで片づいた。妻と二人で暮らすには何も困ってない」

 そして降って湧いたのが協力金バブルだ。困っていない木村さんに、頼んでもいないお金が入ることとなった。その額、1日6万円。

「恥ずかしい話、今の売り上げなんて月平均で1日6万もないです。コロナ関係なく、コロナの前からたいした稼ぎなんかありません。それが1日6万円もくれるわけで、売り上げで1日6万円ってことですもんね。忙しい時で1日40人、天気が荒れてりゃ1日数人ですよ。そんな店に6万円なんて、雑な話だなと思います」

売り上げ扱いですからね、経費にしても何を買えばいいやら

 小さな飲食店の原価などたかが知れている。賃貸でない木村さんなら光熱費や食材の仕入れを見繕っても4割ないだろう。飲食店の原価のほとんどは人件費と店舗の賃料だ。他人を雇ってない木村さん、奥さんのみ専従者にしている。もちろん店舗部分も按分で経費にしている。

 こういった第1種事業の飲食店、ごく小さな自営業の大半は個人事業税も僅か、下手をすると年間所得290万円以下で税金免除だ。まして個人事業税はもちろん固定資産税も按分で経費にできる。いや、仮にできなくても、してしまう。それが零細自営業の現実だ。税務署も暇ではない。

 はした金なんか目もくれないし万が一、指摘されたところで微々たるもの。課税所得の捕捉率が自営業者6割、農林水産業4割に対してサラリーマンは9割。この不公平な「クロヨン」は21世紀も健在だが、自営業や農家を責めるのはお門違い、許してきたのは日本国政府である。

「年金と家賃収入があるからやっていけるような店です。この辺はそういう年寄りの店が多いです。だから1日6万円も入るなら喜んで休みますよ。でもほとんど税金払ってない身で、そんなお金もらってよいやら。深夜遅くまでやってたわけじゃないし、ちょっと酒出す時間と閉店早めただけ、それで大金頂けるなんてね」

 控えめに語る木村さんだが、実際は年金に駐車場収入もあるわけで木村家トータルでは黒字、もちろんそれなりに個人事業税も所得税も払っているだろう。木村さんの言いたいことは、あくまで年寄りの道楽でしかない小さな店にまで1日6万円配るのは雑ではないかという話だ。確かに、少ないとはいえ木村さんの店も多少の売り上げはある。その売り上げにプラスして6万円だ。

「若い人とか、コロナで困ってる人はたくさんいるでしょう。そういう人に渡さないでバラ撒くのっておかしいですよ」

 木村さんの言うことはもっともだが、国の「押し貸し」ならぬ「押し払い」は儲かっていようが困ってなかろうが飲食店なら降ってくる。誤解がないように書くと協力金6万円の対象は東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・愛知・岐阜・福岡・栃木の18都府県で、解除された栃木県は4万円となった。条件も細かく見ると地域によって差がある。

あわせて読みたい

「飲食業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  3. 3

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  4. 4

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  5. 5

    養老孟司「生死をさまよい、娑婆に戻ってきた」病院嫌いが心筋梗塞になって考えたこと

    PRESIDENT Online

    04月18日 15:46

  6. 6

    日米共同声明 実務ベースで進めていく力が菅内閣にあるのか

    ヒロ

    04月18日 10:27

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    黒人女性を撃った警官の内幕モノにネットの非難轟々

    島田範正

    04月18日 16:09

  9. 9

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  10. 10

    大阪府 過去最多の1220人が感染 6日連続で1000人超え

    ABEMA TIMES

    04月18日 18:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。