記事

「コロナワクチン接種率98.4%」ハーバード大学の日本人医師が、日本人に伝えたいこと

1/2

アメリカではコロナウイルスのワクチン接種が急ピッチで進んでいる。ハーバード大学医学部・マサチューセッツ総合病院では、12月16日より接種を始め、2月3日時点で職員の98.4%が1回目の接種を終えた。同院医師の柏木哲氏は「短期間にほぼ100%の接種を達成できたのは、トップダウンの強固なオペレーションがあったからだ」という――。

2020年12月16日にマサチューセッツ州ボストンでCovid-19ワクチンの接種を受けるMGH警察・警備担当のラリー・ワシントン氏
2020年12月16日にマサチューセッツ州ボストンでCovid-19ワクチンの接種を受けるMGH警察・警備担当のラリー・ワシントン氏 - 写真=AFP PHOTO/Mass General Hospital/時事通信フォト

ワクチン接種、成功の鍵は

2021年2月6日時点で、アメリカでのコロナウイルスによる死者は46万人を超え、その人的、経済的な損失ははかりしれない。この1年間で、筆者が住んでいるボストン市の日常の風景も一変した。まさにアメリカを襲った未曾有の国難といえるであろう。

ボストン市チャールズストリート。1年前には考えられない光景だが、アメリカ人のマスクも根付いてきた
ボストン市チャールズストリート。1年前には考えられない光景だが、アメリカ人のマスクも根付いてきた - 筆者撮影

これを食いとめるべく、ハーバード大学医学部関連病院では、今まで経験したことのない大規模かつ迅速なワクチン接種プログラムが施行された。

2020年12月11日、ファイザー社と独ビオンテック社が共同開発したコロナワクチンが米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)を受けると即時にワクチン接種が開始された。ハーバード大学医学部ならびに関連病院は、最先端の医療や医学研究を牽引する医師や研究者が在籍するため、玄人中の玄人を対象に接種するということになる。

ブティックの入り口には“マスク着用”を義務付ける表示が
ブティックの入り口には“マスク着用”を義務付ける表示が - 筆者撮影

短期間で開発が進められ、長期的な安全性などに疑問が残るワクチンではあるが、接種率はほぼ100%を達成している。一体どのように接種が進められたのであろうか?

職員数は2万6000人超

マサチューセッツ総合病院(以下MGH)は1811年創立のハーバード大学医学部の最大の基幹病院であり、エーテルによる全身麻酔が発明されたことでも有名である。1000程の病床以外にも医学研究施設を擁し、医療従事者、研究者などを合わせ全職員数は2万6000人を超える。

MGHには、緊急事態に対応するインシデント・コマンド・システムがあり、今回のワクチン接種の計画と実行も他のハーバード関連病院と共同で担当している。

武漢で新規感染症が発生したのを受け2020年1月に直ちに組織され、3~4月にかけて到来した感染の波を正確に予測し、感染病床の確保、集中治療室の拡充、職員の配置換え、PPE(感染症対策のための個人防護具)の確保などを万端に整えていた。

地域の感染患者を一手に引き受けた4月には一時期300人を超える感染入院患者がいたが、医療現場での混乱は比較的少なかった。

2020年12月11日、オンラインで対話集会が開催され、院長はじめ担当チームから接種手順が解説された。折しも、アメリカは第2波が押し寄せ、感染者、死亡者が指数関数的に増えている最中であったため、関心の高さは最高潮に達しており、多数の職員が参加した。

 写真(左):対話集会では、質問があればチャット機能やメールなどで質問することができる(以下、MGH Public Affairの許可を得て掲載)(右)職員を5つのウエーブに分け、順番に接種していく
写真(左):対話集会では、質問があればチャット機能やメールなどで質問することができる(以下、MGH Public Affairの許可を得て掲載)(右)職員を5つのウエーブに分け、順番に接種していく - 筆者撮影

ファイザーのmRNAワクチンは超低温で保管(モデルナのワクチンは通常の冷凍庫程度)、一度解凍したら冷蔵で5日、また接種のために薄めたら6時間以内に使用する必要がある。これらの管理基準が守られないと廃棄しなければならなくなるため、ワクチンの購入、輸送、保管、調剤にはこれまでない手間と時間の負荷がかる。計画の立案と実行は大変な労力を要したであろう。

オンライン集会で伝えられた強い決意

対話集会では、ワクチンの研究開発、認可の審査過程の解説があり、安全性についての議論もなされた。秋に行われたインフルエンザの予防接種は職員全員に義務付けられていたが、コロナウイルスワクチンは安全性が完全には証明されていないことから接種は任意とされた。

また、どのように接種順などが決定されたか、接種の進行状況や副反応などを院内メールや対話集会を通して全て透明に共有することが伝えられた。最後に、ワクチンはパンデミックを終わらせる有効おそらく唯一の方法との強い決意が伝えられた。

具体的な手順として、ワクチンを無駄にしないようにきめ細かいスケジュール統制に協力するよう要請があった。

12月16日より全職員を感染リクスに応じて5つのウェーブに分け、救急外来といった最も優先順位の高いウェーブAより段階的に接種した。

ファイザーのワクチンは1バイアル5回分であるが余分に入っており、この分量を州や会社と協議して使用することができたこともあり10%ほど余剰に確保できたこと、職員の協力もあり接種は順調に進み、1月半ばにはほぼ全ての職員が接種対象となった。

注意事項として、接種後10人に1人ぐらい比較的強い副反応が出ることが予想され、1日ほど欠勤の可能性があるので、接種希望の職員を部署ごとに把握し、各人の接種時期をずらすことを勧められた。

副反応への万全の備え

予約はこのために開発されたアプリにて行った。

治験では報告されていなかったが、一般接種が先行していたイギリスなどから適切に対処しないと落命の可能性のある重度のアレルギー反応であるアナフィラキシーが報告されていた。そのため、mRNAワクチンまたはその成分、特にポリエチレングリコール(PEG)に重度のアレルギー反応を示した人への接種は禁忌とされている。

その他の薬剤アレルギーの既往は、十分な対策をして30分の観察をするということで接種可能である。自分のウェーブを確認し、アレルギー問診がありクリアすると時間枠が表示され、選択して完了する。

女性の場合、妊娠している可能性があるか、授乳中かということも聞かれる。妊婦への安全性は確立されていないため、個人でリスクとベネフィットを判断して接種することとなっている。

ウエーブ確認と問診を経て予約が終了する。
ウエーブ確認と問診を経て予約が終了する。 - 図版=筆者提供

「接種そのものは一瞬で終了した」

私自身は2021年1月26日に接種を受けた。職員の接種会場は病院正門の横にあるポールラッセル医学博物館の2階で、1日500人弱が接種できる。ソーシャルディスタンスを保つため、15分以上前の到着は禁止されていた。

到着すると、まずブースに案内され、看護師からファイザーのワクチンを接種するが同意するかどうか尋ねられた。MGHでは、当時モデルナとファイザーの2種類が提供されていたが、上に述べた調整の困難さから接種者の希望は受け入れられない。

同意すると、コロナウイルス感染の症状がないか、今まで注射薬にアレルギーを示したことがないか、またPEGなどにアレルギーがないかを確認された。どちらの腕を希望するか聞かれ、上腕の三角筋に筋肉注射を受けた。

職員のワクチン接種に使われた病院正門の横にあるポールラッセル医学博物館
職員のワクチン接種に使われた病院正門の横にあるポールラッセル医学博物館 - 筆者撮影

マサチューセッツ総合病院で職員の接種が始まったことを知らせるFBページ。
マサチューセッツ総合病院で職員の接種が始まったことを知らせるFBページ。 - 図版=筆者提供

接種そのものは、通常の筋肉注射となんら変わらず、針を垂直に刺入し、一瞬で終了。そのあと押さえてバンドエイドを貼ってもらった。ロット番号などの書かれたワクチン記録カードを受け取り、アレルギーの対策として、15分間待機するように説明される。同時に、予想される副反応について説明を受け、解説書類を渡された。

接種後、ロット番号などが書かれた記録を受け取る。
接種後、ロット番号などが書かれた記録を受け取る。 - 写真=筆者提供

副反応の説明が書かれたシートとファイザー社のワクチンの説明などの書類を渡される。
副反応の説明が書かれたシートとファイザー社のワクチンの説明などの書類を渡される。 - 図版=筆者提供

接種を受ける筆者。
接種を受ける筆者。(写真=筆者提供)

ソーシャルディスタンスを保った広い待機場所の椅子に腰掛け、巡回してきた係員に次の接種の予約を取ってもらった(ファイザーの場合、3週間後)。巡回看護師が、5~10分おきに「気分はどうか」と声をかけてくれた。気分が悪くなった人は別室に案内されて手当をされる。アナフィラキシーへの対応は十分されているようである。

予約制がしっかりしていたこともあり、全過程30分未満で終了した。

幸い筆者は特に大きな副反応はなかった。接種局所の痛みは、接種当日は通常のワクチンと変わりなかったが次第に増してきて、翌日かなり痛みを伴った。しかし、翌々日にはひいて違和感程度に減少した。

あわせて読みたい

「ワクチン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  3. 3

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  4. 4

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  5. 5

    養老孟司「生死をさまよい、娑婆に戻ってきた」病院嫌いが心筋梗塞になって考えたこと

    PRESIDENT Online

    04月18日 15:46

  6. 6

    日米共同声明 実務ベースで進めていく力が菅内閣にあるのか

    ヒロ

    04月18日 10:27

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  9. 9

    黒人女性を撃った警官の内幕モノにネットの非難轟々

    島田範正

    04月18日 16:09

  10. 10

    大阪府 過去最多の1220人が感染 6日連続で1000人超え

    ABEMA TIMES

    04月18日 18:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。