記事

首長と国政政党要職の兼務は何をもたらすか

このブログでもなんどか触れたが、いわゆる「改革派」首長が国政政党の要職を兼ねることはどのような問題をはらみ、結果として何をもたらすのだろうか。

首長の職は地方議員と異なり、常勤である。単にフルタイムということだけでなく、一般の職員と異なり、勤務時間という概念は基本的にはない。一般の職員であれば週38時間45分の勤務時間ということとなるが、首長は24時間、365日、地方自治体を代表する者としての職責を有するものである。その仕事は多岐に及ぶ。およそ、他の仕事と兼ねることは想定されていない。仮に首長という本業を疎かにすれば、住民から非難を受けるだろうし、国政にかまける時間的暇など、本来はないはずである。

実際、12月は地方議会が開催される時期である。このようなときに、選挙応援演説などに飛び回っていては、やはり、首長職を疎かにしているという批判はまぬかれないだろう。

物理的な面だけではない。首長の立場と国政政党の要職の立場は相反することも少なくないだろう。利益相反という場面も起きてくるだろう。

本気で地方のためを思っているのであれば、首長職を捨てて国政に挑戦すればいい話である。中途半端な兼務は、結果的に地方自治に対する信頼を落とし、地方分権に対しても否定的な意見を増やすことになりかねない。

今回の総選挙には様々な争点があるが、「暴走する」首長たちの「国政ごっこ」に対しても我々有権者は適切な判断を示さなければならないのである。国破れて地方あり、となってしまってもいいのだろうか。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。