記事

吉沢亮、渋沢栄一の“生命力”「今の時代の人たちに…」『青天を衝け』で魅力届ける

●「“正しいものを正しいと言える強さ”こだわって演じたい」

俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合 毎週日曜20:00~ほか)が、いよいよ14日にスタートする。若き心で挑戦を続けた日本資本主義の父・渋沢栄一を演じる吉沢にインタビューし、渋沢栄一をどのような人物と捉え、どのように演じているのか、話を聞いた。

大河ドラマ『青天を衝け』で主人公・渋沢栄一を演じる吉沢亮

大河ドラマ第60作となる本作は、新一万円札の顔としても注目される渋沢栄一の生涯を描く物語。幕末から明治へ、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝くかのように未来を切り開き、約500の企業を育て約600の社会公共事業に関わった“日本資本主義の父”で、晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれている。

幕末から明治、大正、昭和を生き抜いた渋沢栄一。吉沢は「幕末から明治に変わる瞬間は、ものすごい価値観の変化だと思います。それを素直に受け入れられるかというと難しい部分はたくさんあると思いますが、渋沢さんはパリで日本と全く違う文化を目の当たりにして、それをいち早く日本に取り入れようとした人物。誰よりも早く髷を切って洋風の髪型にするし、そういう柔軟さというか、正しいものをちゃんと正しいと言える強さは、こだわって演じたいと思います」と意気込む。

そして、栄一について「俯瞰で見ているところがある」と言い、「自ら腹を切ったほうが勇ましいという時代に、自ら命を絶っても世のためにはなっていないという冷静な目で見ている。そういった命の価値観などが、現代の人の考え方に近いなと感じます。そういう部分が当時としては珍しいと思うし、だからこそ生き延びた人なのだと思います」と語る。

また、「表裏のない人」という印象を受けているそうで、「前半は特に、感情がそのまま顔ににじみ出るし、言葉になるし、自分の思っていることを押し殺して何かをしゃべるということをしない男だなと。感情がそのままセリフになっている」と説明。

「岡部の陣屋に行ってお代官様と対面するシーンも、自分より立場の高い相手だから、本来であれば言っていることが間違っていると思っても押し殺さないといけないけれど、彼は立場関係なく、間違っていることは間違っていると素直に言葉にしてしまう。裏表がないというか、立場を抜きにして、ちゃんと人を見ている男だなと感じました」と、栄一の人柄が伝わるシーンを紹介した。

生命力も栄一の魅力だという。「渋沢さんは生き延びた人物。今までの大河ドラマで描かれていた人物とは違い、死ぬ瞬間の儚さなど、派手な部分は少ないですが、泥臭くても最後まで生き抜く強さのような生命力が渋沢さんの魅力だと思います。そこは特に今の時代の人たちに見ていただきたいですし、そういう部分をちゃんと伝えられる大河になればいいなと思っています」と力を込めた。

●渋沢栄一ゆかりの地で魅力を改めて実感「素敵な時間でした」

大河ドラマ主演決定から約1年半。「いろんな本を読んで渋沢さんについて調べたり、そろばんや剣術の練習をしたり、演じる上で必要なことはいろいろやってきた」という吉沢だが、実際に演じていく中で、渋沢栄一という人物の捉え方が変わった部分もあったと明かす。

「調べているときは、道徳を大事にしていたり、身分制度に憤りを感じ、身分にかかわらず優秀な人間を見抜く目が必要だという思いで生きていく男という印象が強かったのですが、演じてみるとそういう部分から外れる瞬間もあって、それがすごく人間臭くていいなと。キャラクターとしての捉え方ではなく、ちゃんと人としての揺らぎを大切に演じていかなきゃなと改めて思いました」

そして、人間味を大切に演じることを意識。「もちろん彼が残してきた素晴らしい実績を描く部分もたくさんありますが、そこに至るまでの彼の揺らぎや、そこに至ってからも人間なので、“こうでなきゃいけない”というものはないんだろなという気がしていて、自由に演じていきたいなと思います」と語った。

役作りをする上で、埼玉県深谷市の渋沢栄一ゆかりの地も訪問。「地元の方たちの渋沢さんに対する愛はものすごく強いものがあるなと感じましたし、渋沢栄一記念館の隣に、渋沢さんが作った小学校があったり、世界にいろんな影響を与えている中で地元を大切にしていた方という部分もすごく素敵だなと、歩いていて思いました」と栄一の魅力を改めて感じたそうで、「じっくり地元の方のお話を聞くことはできませんでしたが、どこに行っても快く受け入れてくださって、すごく素敵な時間でした」と振り返った。

吉沢は本作が大河ドラマ初出演。「これだけ時間をかけて丁寧に1人の人物の一生を描くというのは大河ドラマの醍醐味だと思うし、これからの役者人生に生きることがたくさんあると感じながらやっています」と、俳優としての成長に期待している。

そして、「必死に撮っている状況なので、もう撮ったものが世に放たれていくのかと思うと不安もありますが、いいものができているという自信はありますので、みなさんの見たあとの感想がすごく気になります」と、手ごたえを語った。

(C)NHK

あわせて読みたい

「大河ドラマ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  4. 4

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  8. 8

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  9. 9

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

  10. 10

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。