記事

平成24年12月3日

[思いを実現するために]

 いよいよ明日は衆議院総選挙の公示日。選挙前のブログの更新はこれで最後になります。

 それにしても国民が選挙や政治に関心を持ち、ホームページなどのアクセス数が増えるこのタイミングでのインターネット上の選挙運動を禁止している現在の法制度はどう考えても時代に逆行しています。自民党は世耕弘成参議院議員を中心に、インターネット選挙運動を解禁する法案を既に作っています。成立に向けた活動を続けていきます。

 この3年3か月、日本の政治は迷走を続けました。「一度やらせてみて下さい」とできない公約をオンパレードで並べるのみならず、自助自立の気風を損ない、予算を膨張させるとともに日本から活力を失わせ、領土問題をはじめ外交敗北を続ける今の民主党政権をこのまま延命させるわけにはいきません。
 かと言って、政権を失った当時の自民党から進歩しなければ国民は再度私たちに政権を任せてはくれないでしょう。まずは政治に対する信頼を取り戻し、自民党に対する信頼も回復させ、きちんとした政策を立ててそれを遂行することにより、日本を取り戻さなくてはいけません。

[だからあえて反省から]

 私は自民党立党以来初の全国公募候補として国会にデビューしました。「新しい血」を所属議員に入れていくことにより、党の政策力も行動力も向上すると確信しています。現在、党の候補者選考における公募の実施は定着し、結果としていわゆる世襲候補が誕生することは極めて少なくなっています。今回の選挙で自民党の小選挙区新人候補は113名ですが、うち世襲議員は1割に満たない9名です。特に私が県支部連合会副会長を務める埼玉では、全県一括公募という画期的な方法を取り、一般の主婦など外部の方にも入っていただいた選考委員会で全県にわたり前職も含めて厳正な審査を行い、素晴らしい候補者の方々を選定しました。

 派閥についても既に政策グループ化しており、現に安倍総裁も石破幹事長も派閥により選ばれてはいません。

 何より野党になってから現場の声を大切にしようと、全国500か所を超えるふるさと対話集会を実施し、選挙区外の議員も入れて小規模な対話を通じて様々な要望を聞いてきたのです。

 運営やポストなど、改革をさらに進めるべき部分もあります。しかし、私はこれまで党改革委員会事務局次長として仕事をしてきた自負があります。今後ともしっかり取組みを続けます。

[今も進む危機]

 北朝鮮が人工衛星と称する長距離弾道ミサイルの発射実験を予告し、各国が対応に追われています。そもそも解散後の死に体となっている野田政権が日朝外務省局長級協議をしようとしていたこともおかしな話で、もしミサイルが発射されれば、金正恩新体制に対する国際社会が連携しての毅然たる非難を導いていく必要があると考えます。

 国内では笹子トンネルでの崩落事故で多数の死傷者が出るという悲惨な事故が発生してしまいました。交通インフラの補修を含め、防災等に必要な公共事業は実施していかなければいけません。「コンクリートから人へ」というキャッチフレーズで、あの小泉政権をはるかに上回る公共事業の圧縮を行ってきた現政権のスタンスを続けていては、必要な安心・安全が守れないばかりではなく、景気の低迷を長引かせてしまいます。

[しばやま昌彦の思い~正直者が報われる社会]

 私はこれまでずっとまっとうなチャレンジを応援し続けてきました。

 ともすると公務員や教師が、何もしない方がチャレンジして失敗するより評価が高いなどと言われているのには我慢ができません。そして若い人たちには失敗を恐れず挑戦する気概を持って欲しいのです。そのためには、失敗しても再び立ち上がることのできる環境が必要です。デフレからの脱却を大胆な金融緩和でリードし、規制の見直しや成長分野への資源配分で雇用を生み出していきます。官民の英知を結集する「日本経済再生本部」を立ち上げるとともに、公務員制度改革として、総人件費の抑制や特別会計の見直しなどカット面ばかりでなく、まっとうに努力した汗が報われる評価をしていくことを提唱していきます。

 外交や防衛も同じことです。日米同盟は無論大事ですが、自らの大切な国益を自ら守る、国際的に必要な安全保障活動に日本に適した参加を行っていく、そのために必要な憲法や防衛関係の法制度の改正を行います。文民統制はしっかり行い「自民党政権になったら戦争が起きる」などというバカな宣伝にはきっちり反論していきます。弁護士出身議員として、領土問題や国際人権問題での司法的解決(国際司法裁判所、国際刑事裁判所)には極めて高い関心を持っています。

 福祉分野においては、民主党の最低保障年金は、非現実的な高水準もさることながら、保険料を納めた人とそうでない人の不公平感がともするとぬぐえないものになりがちでした。生活保護についてもモラルの欠如を容認してきた側面があります。私たちは正直者がバカを見ないよう、これらの抜本改革に取り組みます。
 医療分野のイノベーションを成長の糧にするとともに、人生の先輩方の健康現役社会を促進、社会保障番号の導入に合わせて医療と介護の総合合算制度を創設し、療養病床問題も解決を目指します。
 女性の復職・子育て支援や不妊治療の充実を行い、社会の活力増進と少子化対策に結び付けます。
 AIJ問題などを再発させないよう、企業年金の見直しを行います。

 被災地の復興が遅れています。政治が権利調整など泥をかぶることをせず、現場の自治体との連携もうまく取れていないからです。本当の政治主導でオールジャパンで復興を成し遂げていきます。二重ローン対策法を立案した担当者の一人として、事業再開を後押ししていきます。地元でも取り組んだ風評被害の撲滅は日本規模で行います。

[未来のために残すもの]

 未来のために残すもののひとつは人材です。土曜授業促進や高等教育の国際化などを通じて充実した教育を目指します。いじめ問題の徹底的な取組みなど、学校をより明るくします。
 職業教育の充実やモラルの涵養などにも努めます。高校無償化は所得制限を行うことも含め効果をきちんと検証し、免除付き奨学金の普及などを目指します。

 原発政策の見直しも将来世代のために必要です。国民負担を考えれば「2030年代に原発ゼロを目指す」という民主党の方針はどう考えてもパフォーマンスとしか思えませんが、私は自民党エネルギー政策議員連盟の事務局長として、徹底した電力改革と再生可能エネルギーへの投資、電力卸市場への新規参入・節電・蓄電技術の促進等を通じ、脱原発依存を経済と両立させて実現させるとともに放射性廃棄物の処分問題に真剣に取り組みます。私も中心メンバーの一人として設立に尽力した、業者や政府から独立した原子力規制委員会による原発の安全性のチェックを経て、再稼働の判断を3年以内に行います。

[地域の重視]

 道州制の実現と分権改革で地域の活力を引き出します。

 攻めの農業と地産地消の推進、土地利用・税制・経営形態の見直し、TPPの「聖域なき関税撤廃」には反対してEPA(経済連携協定)、FTA(自由貿易協定)を促進するなど、国益につながる自給率向上を目指します。

 防衛医大などの地域医療連携、既に自民党政権時代から進んでいた所沢米軍通信基地の東西連絡道路設置に向けた検討の加速など、地元の問題にも全力で取り組みます。埼玉8区は湖も山も緑も都会もあり、日本の縮図のような地域なのです。

[覚悟の時]

 今、覚悟と信念が問われていると思います。そしてこれまでの任期に対する評価が問われています。繰り返しますが今の与党では日本は本当に沈没してしまいます。公明党など他の野党とも連携をし、何としても今度の選挙では日本を取り戻すべく全力を尽くします。皆様のご支援を心からお願い申し上げます!

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  7. 7

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  8. 8

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。