記事

千鳥のクセのあるMCが見えない「クセがスゴいネタGP」

高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

『千鳥のクセがスゴいネタGP』(2月11日(木)放送フジテレビ)が、面白い。第一に作っているスタッフが笑いを愛していることが画面全体から感じられるからだ。「笑いがそう好きでもないと思われる人」がビジネスライクにつくった番組(例『ボキャブラ天国』CX、『エンタの神様』NTV)は編集に愛がない。客が笑っている処だけを無理矢理集めて編集する。結果、なぜ面白かったのかわからなくなってしまう。

第二に(これを一番に挙げるのが正当だろうが)演者が皆、楽しそうに演じているからだ。ボケてツッコミ、ボケてツッコミ、ボケてツッコミ単発の笑いを繰り返す者や、大声を出すだけの者や、テレビで目立つことだけが目的であざとい演出を厭わない人たちが居る中で、今回の『クセスゴ』の演者は、大半が自分の芸を楽しそうに演じていて、見ていて気持ちが良かった。

番組は千鳥(大悟40歳・ノブ41歳ともに岡山出身)ノブの「クセがすごい」というツッコミ・フリのフレーズを頂いて、普段、正当に笑いをとりに行くコメディアンにも、それを封印して、クセのある笑いを見せてもらおうという趣旨である。

似た番組として『あらびき団』(TBS)が2011年頃まで放送されていたが(因みにこの番組を止めたのはTBSの大きなミスである。『キングオブコント』より大きく笑いに貢献しただろう)この番組はまだ、世の中に出てきていない知られざる奇妙ネタを紹介する番組であったのでその点が違う。

[参考]島田紳助の才能と長谷川公彦の現在

2番組の違いはさらに後述するとして、『クセスゴ』に話を戻す。『クセスゴ』は、出てくる演者の様々なクセスゴネタを見て、これは好き、これは嫌いだなど、視聴者に感想を言ってもらいながら、見てもらう番組であろう。

そういう意味で、筆者は一番好きだったのは空気階段(鈴木もぐら33歳水川かたまり30歳)のネタである。水川の姫が愛する王子が、魔法で犬に変えられてしまった。しかし、姫の愛が通じて犬は人間(鈴木もぐら)に戻る。

このネタを見て、筆者は笑いが止まらなくなってしまった。ネタを作る水川は落語研究会出身だから、古典落語の「元犬(もといぬ)」を当然知っているだろう。昔、白犬だった男が願いかなって人間になる。だが、なったはいいが、つい犬の習性が出て失敗ばかりするという爆笑系のネタである。つまり、その反対。犬にされていたときの習性が抜けないのがギャグになるわけだが、ワンワンとかは当たり前だから当然やらない。抜けない犬の習性というのが「口の開き方」なのである。人間と犬の口の開き方は当然違うから、言葉を発するとき犬の口の開き方になってしまい、言うことがはっきりしない。この言葉のはっきりしなささが絶妙に上手いのである。僕は笑いには「(展開が)意外」と「(演技が)上手い」の両方が入っていないと絶対にダメだと思っているが、空気階段のネタにはこの「意外」と「上手い」が過不足なく入っていたのである。趣旨通りクセもすごいし脱帽。

さて、『千鳥のクセがスゴいネタGP』と『あらびき団』の比較である。両方ともネタをつなぐMCが居る。前者は東野幸治と藤井隆。後者は千鳥である。違いは千鳥はほとんど喋らないのに対し、東野と藤井のMC部分の量は圧倒的に多い。

その内容も東野と藤井の方が、優れている。奇妙なネタをやる演者の行く末を厳しくも暖かく批評しながら、ネタのアイディアを出し、時にはぶった切る。あのMC部分は番組を見る楽しみのひとつでもあった。ところが、千鳥は喋らない。ワイプの中で2、3ことしか言わないというのがイメージである。ビートたけしでさえネタを見たらもっと話す。喋っているのに、編集されてしまっているという言い分もあるだろう。だが、編集されているのはつまらないから編集されているとも言える。編集はディレクターからの演者へのメッセージ、演出家からのラブレターである。編集後のVTR(つまりテレビで放送されたもの)には収録後の反省会などより、何倍もの有益情報が詰まっている。MC部分を単純につまらないからという理由で単純に編集するのは実は間違いなのだが、もし、つまらないからと言って編集しているのだとしたら、それは演出家が千鳥への愛がない証拠である。(愛があるから編集してあげる、という場合もあるから難しいのだが)

時間が足りないなら『クセがスゴくないネタ』をカットするべきである。たとえばキャイーンは懐かしいキャイーンそのもののマンザイだった。今回大変できの良かったかまいたちのコントは、浅草3大コントのひとつ『天丼』のパタンに見事に当てはまった優れたモノだった。オチも見事だった。かまいたちは出来る。だが、なのである。

千鳥は、魅力の多いコンビだ。スクエアでどこか抜けた親しみを感じるノブ、アウトローの魅力を持ち規格からはみ出た大悟、とり合わせ、座組も最強だ。かつて僕はある週刊誌の取材で千鳥をこれから大きくなる芸人として一番に挙げたことがある。予想が当たったことを自慢したいわけではない、千鳥にはもっともっと大きくなって欲しいのである。

もともとが『千鳥のクセがスゴいネタGP』なのだから、千鳥自身の『クセがスゴいMC』も見せて欲しいのである。このまま『クセのないMC』をささやかにやっていると、それは千鳥の芸人としての致命傷になる。

あわせて読みたい

「千鳥」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ドキュメント3・11 イギリス大使館はなぜ「真実」を見抜けたか

    新潮社フォーサイト

    03月08日 08:12

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  4. 4

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  5. 5

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  6. 6

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  7. 7

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  8. 8

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  9. 9

    【燃やされ消される「原発事故対応」】福島市「保存期限過ぎたので廃棄」 山形県に避難した市民説明会の記録 「保存場所無い」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    03月08日 09:15

  10. 10

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。