記事

若者は「それ死語ですよ」と言うが…「ロキノン系」は本当に廃れたのか

かつて一斉を風靡した「ロキノン系」とは?

 最先端だと思っていた文化が、知らぬまに“時代遅れ”になっていた。年を取るごとに、こうしたことはたびたび起こるだろう。かつてのパンケーキやタピオカブームに象徴されるように、トレンドはコロコロと入れ替わっていく。それはスイーツに限らず、音楽シーンについても言えることだ。

 関西の大学で教鞭をとるAさん(40代)は、先日、学生から発された一言によって自分が時代に取り残されていたことを実感したという。

「この間、ゼミの学生に向けて『ロキノン系の音楽を若者がよく聴いている』という主旨の発言をしたんですね。そしたら、ある男子学生から『先生、ロキノン系って死語ですよ。もうだれも使っていません。そもそも流行っていません』と一刀両断され、衝撃を受けました(笑い)。自分のなかでは、まだあの“四つ打ち系バンド”が流行っているという認識だったので」(Aさん)

 学生に“死語”だと一蹴された「ロキノン系」とは、音楽雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』に取り上げられてきたアーティストや、『ROCKIN’ON JAPAN』フェスに登場するバンドなどを指す。

 さかのぼれば、1990年代の『エレファントカシマシ』、『くるり』、『ナンバーガール』、『ゆらゆら帝国』、『BLANCKEY JET CITY』なども含まれるが、「おそらくこの学生が言った『ロキノン系』とは2000年代後半から2010年代の頭に流行した、いわゆる『邦ロック』(日本のロックバンド)のことではないでしょうか」と分析するのは、邦ロックに詳しいネットライター・Bさんだ。

「たとえば有名どころだと、2000年代には『ELLEGARDEN』、『フジファブリック』、『9mm Parabellum Bullet』、『Syrup 16g』、『チャットモンチー』、『THE BACK HORN』などがロキノン系と呼ばれていた。2010年代になると『赤い公園』、『フレデリック』、『[Alexandros]』、『KANA-BOON』、『KEYTALK』、『キュウソネコカミ』、『BLUE ENCOUNT』などが、高校生などを中心にブームになりました。このほか『BUMP OF CHICKEN』や『ASIAN KUNG-FU GENERATION』などもそうですね。

 もちろん、バンドごとに音楽性もスキルも、まったく違います。しかし、ストリーミング配信などが普及する以前、TSUTAYAなどのCDレンタルショップでは『邦楽ロック』というコーナーが設けられていた。そういった棚にこれらのバンドが収められていたため、ロキノン系と一括りにされやすかったのかもしれません」(Bさん)

 このように、一時期ロキノン系が量産されると、そこにハマる人たちを指す言葉として「ロキノン厨」という言葉も登場したとBさんは続ける。

「ネットスラングで『ロキノン厨』という言葉がよく使われていたのは2000年代後半から2010年代頭でした。学生を中心にロキノン系バンドがブームとなり、8ビートや4ビートを中心とした、フェスでジャンプしながら“ノれる”楽曲が量産されました。大学生の間でもロキノン系をカバーする軽音サークルが増えた時期ですね。

 しかし、こうしたバンドの勢いも、2010年代に『Suchmos』(2021年2月3日に活動一時休止を発表)、『Yogee New Waves』などシティーポップ系が流行し、その後は『Official髭男dism』や『King Gnu』などの勢いに飲まれ、失速していった印象です。いまでは『YOASOBI』など、ボーカロイド文化を引き継ぎつつ、古き良きロキノンの影響も感じる音楽が出てきている。

 もちろん、手堅い人気を誇るロキノン系バンドもいますし、今でもアニメ主題歌に起用されるバンドも多いため、一概に『ロキノンは廃れた』とは言えません」(Bさん)

 冒頭、学生に「死語ですよ」と言われた大学教員のAさんにこの流れを説明すると、次のように語った。

「学生から最新の音楽を教えてもらい、聴き込むようにしているのですが、すぐにトレンドが変わるから驚きです。移り変わりが本当に早いですね。最近は学生から、音楽のサブスクサービスに入って、そこでヒットソングを聴くと良いと教わりました。自粛期間中に挑戦したいと思います」(Aさん)

 かつて一世を風靡した「ロキノン系」。ロックバンドの楽曲は、ライブハウスやフェスで演者とファンがともに音楽に“ノる”ことが醍醐味だが、コロナ禍でライブハウスでの公演も難しくなっている。とはいえSNSを上手く活用しながら、精力的な音楽活動を続けているバンドもある。音楽トレンドがめまぐるしいスピードで移り変わるなか、国産ロックバンドの今後に注目したい。

あわせて読みたい

「ロック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    過去のことでも…芸能界を震撼させたマリエの「実名枕営業告白」

    渡邉裕二

    04月22日 08:06

  2. 2

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  3. 3

    キャンプ場にも出没か 「教え魔」が後を絶たないワケ

    御田寺圭

    04月22日 11:10

  4. 4

    与野党ともにしれっと通したい「国家公務員定年延長法案」、山積する問題点を見逃すな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月22日 09:37

  5. 5

    原告側の敗訴となった慰安婦訴訟 日韓関係に変化をもたらすか

    ヒロ

    04月22日 10:37

  6. 6

    無症状者のPCR検査を止めれば「緊急事態宣言」は無用

    自由人

    04月22日 08:53

  7. 7

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  8. 8

    厚労省がファイザーワクチン接種後の感染率を初めて開示

    青山まさゆき

    04月22日 12:19

  9. 9

    米感染症専門家「コロナは空気感染する」 打つ手なしの日本

    田中龍作

    04月22日 14:52

  10. 10

    パチンコ人口が1年で200万人減って813万人に! 禁煙化、コロナと厳しい状況続く

    キャリコネニュース

    04月22日 10:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。