記事

そろそろ、バブル崩壊後を考えよう

現在進行中の壮大なカネあまりバブル高は、もういつ大崩れに入ってもいい。

ところが現状は、市場参加者の多くがバブル現象であることは否定しないものの、このバブルはまだまだ続くと信じ切っている。

米FRBはじめ各国の中央銀行が胴元になって、資金をいくらでも供給しようといっているから、バブルは崩れっこないと高を括っているのだ。

それでも地球がまわっていると主張し続けたガリレオのように、このバブルも近いうちに崩れると言い張ろう。

ともあれ、いつ崩れるかなんて、どうでもいい。 崩れが先になればなるほど、バブル崩壊の傷が大きくなるだけのこと。

それよりも、崩れた後のマーケットや経済の様相から、打てる対応まで、そろそろ検討に入ろう。

いまバブルに踊っている人達は、ことごとく価格急落による大損と、売るに売れなくなった投資残で身動きが取れなくなる。

個人投資家はまだいい。 大損も自己破産も、欲ボケに走った自分の不徳の致すところということで、それ以上はない。

ところが機関投資家は成績悪化の責任追及からはじまって、どう対処していくかやらで、投資家顧客とはつらい対話に追われまくる。

投信は基準価額の大幅下落で解約が殺到し、その現金作りで保有資産をさらに叩き売る悪循環に追い込まれる。

企業や金融機関はバブル投機の後始末で、投資損・評価損・不良債権化という問題が、まとめて降ってくる。

そう、バブルの踊っていたた人たちのほぼ全員が収拾のつかない大混乱の地獄で、のたうち回ることになろう。

一方、マネーはというと、バブル膨れしていた大部分が蒸発したように消え去るが、生き残った資金は早くも次の動きをはじめる。

これが、マネーの本性というか、しぶとさであって、いつでも次の儲けに向かって走り出す。

株式市場でいうと、カネあまりバブル高で大きく買われてきた銘柄ほど、これでもかこれでもかといった売りに叩き潰される。 株価は奈落の底へと落ちていく。

その横で、あまり買われてこなかった企業の株式には、それほど売りが出てこないので案外と早い段階で株価も底を打つ。

さわかみファンドの狙いも、まさにここにある。 一部の企業群の株価が早くも上昇に転じ始めるのだ。

バブル崩壊後の大混乱下の株価上昇である。 まともな資金による、まともな買いで一部に企業の株価が上がっていく。

それを見て、生き残ったマネーがどどっと買い参加してくるから、V字型の上昇に入っていく。

いっておくが、ほんの一部の企業群だけだ、そこで買われるのは。

現行の、こんなバブル高に手を出すよりも、バブル崩壊後のV字型の株価上昇に参加した方が、よほど面白いと思うよ。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  4. 4

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  8. 8

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。