記事
  • ロイター

東芝、20年4―12月期の営業利益は61.6%減 コロナ影響「減少傾向」


[東京 12日 ロイター] - 東芝は12日、20年4─12月期の連結営業利益(米国基準)は前年同期比61.6%減の240億円だったと発表した。新型コロナウイルスの影響で、半導体市況がコロナ前に想定していた水準に届かなかったほか、据え付け工事の遅れなどが生じた。

営業損益に対するコロナの影響は減少傾向にあるとしている。10―12月の3カ月の営業利益は前年同期の約倍となる209億円だった。加茂正治執行役上席常務は同日の決算会見で「基礎収益力強化が順調に進んでいる」と述べた。固定費の絞り込みも進めたとしている。

半導体は「第3・四半期に急速に回復期に入ってきた」とし、顧客の要望に応えるため増産準備を進めていると述べた。受注状況は「コロナ禍でも平年並みを確保した」と説明した。受注残高は19年12月末から6%増となった。

営業外損益は、キオクシアの持ち分法損益の改善や前年同期のLNG事業譲渡損失がなくなったことで増益となり、4―12月期の純損益は436億円の黒字だった。前年同期は1456億円の赤字だった。

参考値としているキオクシアの影響を除いた純損益の通期予想は500億円から700億円に上方修正した。東芝ロジスティクスの売却益が想定以上だったほか、引当金が当初想定より減少した。株式の含み益も織り込んだ。加茂氏は、金額の内訳への言及は控えた。

これを受けて、年間配当予想は1株当たり50円へと従来予想から10円引き上げた。前年実績は20円。

21年3月期の営業利益予想は前年比15.7%減の1100億円で据え置いた。IBESがまとめたアナリスト7人のコンセンサス予想では、21年3月期通期の連結営業利益予想の平均値は1217億円。

(平田紀之)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  6. 6

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  7. 7

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  8. 8

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  9. 9

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  10. 10

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。