記事

「義理チョコが終焉しバレンタインパーティー がくる」流行り廃りが決まる"ある分岐点"

1/2

もうすぐバレンタインデー。チョコを渡す意味は「本気の告白」「義理チョコ」「友チョコ」「自分へのご褒美」と短期間で大きく変化・拡大をしてきましたが、バレンタイン市場は健在。マーケティングのプロ桶谷功さんが、商品やイベントの“意味付け”に成功するケースと失敗するケースの違いに迫ります——。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/zepp1969

バレンタインは、なぜ短期間に激変したのか

こんにちは、桶谷功です。もうすぐバレンタインデーですね。

私が中学生だったころの2月14日は、女子が好きな男子へチョコレートを贈る日でした。毎年、そわそわと落ち着かない1日を過ごしたものです。

ところが小学生になる私の娘にとってバレンタインデーとは、「仲のいい友達とチョコレートを交換する日」になっています。ここまで短期間に意味が変化したイベントはほかにないかもしれません。

バレンタインデーの発祥に関しては諸説ありますが、一般に風習が広まってきたのは1970年代です。当初は、「女性から男性にチョコレートをプレゼントすることで、愛の告白をする日」でした。それがいつしか、「日頃お世話になっている男性へ、女性が恋愛感情ぬきの“義理チョコ”を贈る日」となり、いまは「友達どうしで“友チョコ”を交換する日」になった。

なぜこんなにも意味の拡大解釈が繰り返されてきたのでしょうか。

メーカーが“義理チョコ”を広めた

大きな理由は、チョコを贈ることの意味が拡大すれば、マーケットが拡大することです。

当初、チョコレートを渡すという行為は「本気の告白」でした。しかし徐々に、「日頃のお礼」とか、「季節のごあいさつ」のような意味合いも含むようになった。おそらく最初の拡大解釈が行われたのは、メーカーが、“義理チョコ”を広めたときのようです。

マーケットが拡大するときというのは、大きく分けて次の3つのパターンがあります。

(1)人が広がる
(2)シーンが広がる
(3)目的が広がる

バレンタインデーは、(2)の「シーン」は2月14日で固定されていますが、(1)の「人」と、(3)の「目的」が大きく広がったことで、新しいマーケットを開拓したのです。

義理チョコが終焉に向かった理由

意味が変わってきた理由の二つめは、「愛の告白」も「義理チョコ」も、だんだん女性にとって負担が大きくなってきたからではないでしょうか。女性から愛の告白をするのが一般的ではなく、バレンタインでいきなりチョコレートを渡すしか方法がなかった時代と違って、いまはもっと自然に愛を告白できます。「義理チョコ」も、職場で好きでもない上司にチョコレートを贈るのは気が進まないし、「あの人にあげて、この人にあげないのは悪いかな」と気を遣うのも面倒だし疲れるはずです。

実は負担が大きいのは男性も同じで、一部のモテる男性が一人でいくつもチョコレートをもらうのを見ているのは切ないし、職場で「マーケティング部女子一同より」と書かれたチョコの大きな箱が休憩室などに置いてあっても、あまりうれしくない。しかも一時期は「ホワイトデー」といって、「3月14日には男性がバレンタインデーのお返しをしなければいけない」という謎の風習もあったので、より面倒くさいことになっていました。

流行りのイベントというものは、義務的な要素、楽しくない要素が入ってきた瞬間、終焉に向かいます。「義理チョコ」が廃れたのも当然なのかもしれません。

その代わりに「友チョコ」や自分へのご褒美チョコが台頭。コロナ禍で巣ごもりするようになると、スイーツを手作りして家族だけで楽しくパーティーを開くということも増えてくるでしょう。バレンタインのパーティー化は、一つの大きな流れになると見ています。

チョコレートとダイヤモンドの共通点

このようにバレンタインデーは、いろいろな変化を経たものの、「チョコレートをプレゼントする=好意の表れ」という基本的な図式はいまだに生き残っています。ある商品を何かのシンボルにしたり、特定の意味を乗せたりして、それが社会に定着すれば、マーケティングは大成功だと言えるでしょう。

たとえばこの連載の第一回で取り上げたハーゲンダッツアイスクリームは、単なる高級アイスクリームではなく、「これを食べると幸せな気持ちになる」というように幸せのシンボルになることを目指しています。

また少し前の話ですが、ダイヤモンドはマーケティングを通して、「愛の証」という意味付けをしたことがあります。その結果、「いろいろな種類の宝石のなかでも、ダイヤモンドだけがあなたの愛を証明するもの」という記号づけがなされ、婚約指輪などに使われるようになったのです。もっともいまは結婚式やウェディングドレスなど、結婚の形にこだわらない人も増えて、その意味も変化してきていますが。

あわせて読みたい

「バレンタインデー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  2. 2

    東大36位が表す最先進国からの転落

    幻冬舎plus

    03月07日 11:24

  3. 3

    基準を動かした緊急事態宣言延長 批判にさらされて当然

    柴山昌彦

    03月07日 12:00

  4. 4

    明日緊急本会議開催!全国知事会欠席、宣言下千代田区長選応援…小池都政を質します!

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    03月07日 13:23

  5. 5

    「無料です」夜のお弁当屋さん 1日1食で命をつなぐ人々

    田中龍作

    03月07日 17:46

  6. 6

    サブスク音楽配信は便利で手放せないけれど

    上伊由毘男

    03月07日 07:49

  7. 7

    結婚相手に年収700万円を希望する年収300万円の女性「細かい節約をしなくても持続できる生活がしたい」

    キャリコネニュース

    03月07日 13:07

  8. 8

    森氏の“女性蔑視”発言、山田広報官の辞任、“多様性”へと向かう社会の黒い渦

    幻冬舎plus

    03月07日 07:56

  9. 9

    在宅生活で健康体を保つ上で重要な三つのこと

    ktdisk

    03月07日 22:13

  10. 10

    みずほ銀行のATMがまたトラブル 1週間のうちに利用客に影響を与える障害が3回

    ABEMA TIMES

    03月07日 21:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。