記事
  • ロイター

訂正(12日配信記事):ゴールドマンやブラックロック、中国で新規採用拡大 規制緩和で


[香港 11日 ロイター] - ゴールドマン・サックス、ブラックロック、フィデリティ・インターナショナルなど国際的な金融機関は今年、中国で大量の人材を採用する見通し。

中国政府が、40兆ドル規模にのぼる国内金融セクターの対外開放を進めていることが背景。

中国は対米通商合意の一環などで、過去1年半、自由化を加速しており、投資銀行や資産運用の分野で外国企業による中国合弁会社の完全子会社化を認めている。

複数の関係者によると、出資比率拡大の認可を取得した欧米金融機関は、新型コロナウイルス流行への対応を終え、中国でのプレゼンス強化に向けた準備を進めてている。

中国政府は昨年4月に証券事業を完全に対外開放した。

先陣を切って証券事業を完全子会社化したゴールドマンの広報担当は、今年中国で70人を採用する計画を明らかにした。2024年までに人員を600人に増やす計画という。現在の人員は400人。インベストメントバンカー、ブローカー、アナリスト、技術スタッフを新たに採用する。

フィデリティも人員の急増を視野に入れ、昨年9月に上海のオフィススペースを3倍に拡張。全額出資のミューチュアルファンド子会社を立ち上げる準備を進めている。ミューチュアルファンド事業は昨年、外資出資上限が撤廃された。

フィデリティがロイターに明らかにしたところによると、同社は今年、大連のオペレーション・技術センター以外で、中国での人員を約100人に拡大する計画だ(訂正)。

同社は「国際的な視点と国内への洞察力があるトップクラスの有能な人材の供給が不足しており、そうした人材を採用したい」と述べた。

求人情報検索サイトのグラスドアによると、ブラックロックは中国のウェルスマネジメント事業で、トレーディング担当バイスプレジデント、マーケティング戦略担当バイスプレジデント、リスク・定量分析担当トップなど少なくとも十数人の幹部候補を採用する予定。

同社はシンガポール政府系ファンド、テマセク・ホールディングス、中国建設銀行と共同でウェルスマネジメント分野の合弁事業を設立。51%を出資している。

ブラックロックはコメントを控えた。

業界関係者は、今後、人材獲得競争が起き、既存の金融機関も人材の引き抜きを警戒する必要があると指摘している。

*2月12日に配信した記事で、英文の訂正により、8段落目の「約100人を中国で採用する計画だ」を「中国での人員を約100人に拡大する計画だ」に訂正しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  2. 2

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  3. 3

    一都三県から緊急事態延長要請、東京都の「重症病床使用率」修正問題が未解決のままで良いのか?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月03日 09:35

  4. 4

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  5. 5

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  6. 6

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  7. 7

    マクドナルド“過去最高売上”の理由は「ドライブスルー」と「あの人との訣別」

    文春オンライン

    03月03日 10:53

  8. 8

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  9. 9

    「令和のゼロ戦」の開発で、防衛省が絶対に譲らなかったひとつの条件

    PRESIDENT Online

    03月03日 11:02

  10. 10

    政策に反対する官僚の更迭は当然=菅首相

    ロイター

    03月03日 12:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。