記事
  • ロイター

ロンドン、株取引で欧州最大拠点から陥落 アムステルダムに明け渡す


[ロンドン 11日 ロイター] - 英国が1月1日に欧州連合(EU)を完全に離脱して以来、ロンドンは欧州最大の株式取引拠点としての地位をアムステルダムに明け渡したことが11日公表されたデータで分かった。

両都市で取引所を運営するCBOEによると、1月の1日当たり株式売買高はアムステルダムが92億ユーロ(111億5000万ドル)だったのに対して、ロンドンは86億ユーロ。2020年全体では、ロンドンが最大の175億ユーロ、2位がフランクフルトの59億ユーロで、アムステルダムは6位の26億ユーロにとどまっていた。

欧州証券市場監督局(ESMA)は同日、ロンドンからEU域内への株式取引の移動は恒久的だとの見方を示した。実際、EUがブレグジット(英のEU離脱)後のユーロ建て株式の域内での取引を義務付ける姿勢を撤回する気配がない。

ただ19年6月にロンドンでいったん打ち切られたスイス株取引が今月復活したため、ロンドンとアムステルダムの売買高の差は今後縮まるかもしれない。

11日には、今月になって多くのユーロ建て金利スワップ取引がロンドンからEUとニューヨークに移ったことを示すデータも公表された。

IHSマークイットによると、1月のユーロ建て金利スワップ市場におけるアムステルダムとパリの取引プラットフォームのシェアは25%と、昨年7月の10%から上昇。その半面、ロンドンのシェアは同期間に40%弱から10%強に下がり、米国のシェアが倍増して20%に高まったという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  2. 2

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  3. 3

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  4. 4

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  5. 5

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  6. 6

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

  7. 7

    中国が特許件数2年連続で首位 いまや技術の「質」も苦しい立場の日本

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    03月04日 08:36

  8. 8

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  9. 9

    選挙のために「消費税廃止」を訴える野党は、国民を騙しているだけだ

    PRESIDENT Online

    03月04日 14:20

  10. 10

    ニュージーランド北島沖で3回の強い地震、津波警報発令

    ロイター

    03月05日 04:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。