記事

遂に「キャプテン」が戻ってきた!

1/2

ここ数日、揉めに揉め倒した感がある東京五輪組織委員会委員長の”失言”問題。

連日繰り返される報道と外野の声を見ながら蘇ったのはかれこれもう20年も昔の記憶で、どんなに頑張って文脈を補おうとしてもフォローできないような発言を公の場でしてしまう側も側なら、それを切り取って執拗に報道するメディアもメディア・・・ということで、そこにあったのは非常に既視感のある光景だったわけだが、今回は発言のテーマ、発言者の地位、そしてトップを務める組織が置かれている環境等々、全てが最悪の方に向かっていくことになってしまった。

何といっても、「開催できるかどうか」が最大の焦点になって世界中がざわつき始めている、というのが「東京五輪」を取り巻く今のストレートな状況。さらに、何といっても五輪は世界最大のスポーツイベントだから、それに関連して発信される情報の欧米での伝播度も桁違い。

当の日本国内では、「五輪組織委」と言ってもピンとこない人の方が多いような気がするし、森喜朗という名前を聞いて「元首相」とか「元大物政治家」を想起する人はいても、「五輪」と結びつける人は決して多くはない。

だから今回の失言が出て、批判の嵐が吹き始めた当初も、SNS上で漂っていたのは「ああ、また森さんやらかしたかぁ・・・」くらいの緩い空気感だった。

だが、海外の人々にとって、Mr.Moriは、

The president of the Tokyo 2020 Olympics organising committee

であり、

Tokyo Olympics Chief

である。

一島国の「首相」の肩書など凌駕してしまうようなバリューを持つ肩書に、全世界共通で忌避される「ジェンダー差別」的発言がミックスされれば、日本国内の”プロレス”的な圧とは比較にならないくらいの風が吹くわけで、最後は何ともあっけなく・・・という幕切れとなってしまった。

で、今日の昼になって出てきた記事が既に確報になっているこちらの後任記事。

「東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)は11日、女性蔑視と受け取れる自身の発言を巡り辞任する意向を固めた。国内外での批判の高まりを受けて判断した。森氏は日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)と会談して後任を打診し、川淵氏は受諾する考えを示した。」(日本経済新聞電子版2021年2月11日12時41分配信)

ご本人にとっても、周囲にとっても「瓢箪から出た駒」みたいな話かもしれないが、個人的には、スポーツ界にとってこれ以上素晴らしい話はないと思っている。

アマチュア時代の日本サッカー史に名を刻むフットボーラーであり、1964年東京五輪でもゴールを決めたオリンピアン。

そして、Jリーグ初代チェアマンとして今に続く礎を築き、W杯誘致を実現し、日本サッカー協会の長として一時代を築いたことは記憶にも新しい(といってもサッカー協会の会長を退任したのはもう10年以上も昔のことである)。

2013年に東京での五輪開催が決まり、組織委員長の人選が取りざたされていた時に、スポーツ界の代表を長に据えるならこの人しかいないだろう、と自分は思っていた。

残念ながら、そこで優先されたのは「政治」と「格」で、実際、その後に起きた諸々の混乱を考えると、政治家をあの地位に据えておいたことの意味は十分あったと思うが*1、その後バスケットの世界でも協会改革に尽力し、五輪出場が認められるところまで持っていった、というスポーツ界のカリスマが「選手村村長」でしかない、ということには、ちょっとした寂しさもあった。

だから、こんな形であっても、地元での五輪開催を担う長に川淵氏が就かれた、ということは、この30年、日本サッカー界の成功の歴史を見守り続けてきた者として本当に感慨深いことだし、最大限ポジティブに捉えられるべきことだと思っている。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  3. 3

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  4. 4

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  5. 5

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  6. 6

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  7. 7

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  8. 8

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  9. 9

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  10. 10

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。