記事
  • ロイター

ロシュの抗リウマチ薬、コロナ重症患者の死亡率低下に有効=治験


[ロンドン 11日 ロイター] - スイスの製薬大手ロシュの抗リウマチ薬「トシリズマブ(商品名アクテムラ)」によって、新型コロナウイルス感染症で入院している重症患者の死亡リスクが低下するほか、回復までの時間短縮や人工呼吸器の必要性低減につながることが11日、大規模な臨床試験(治験)結果によって示された。

治験統括医でオックスフォード大学教授のピーター・ホービー氏は「炎症がひどく酸素濃度が低い新型コロナ患者全員に対しトシリズマブが効果的であることが分かった」と述べた。

治験では、無作為に選出された新型コロナ患者2022人にトシリズマブを投与し、通常治療のみの患者2094人と比較。その結果、28日以内に死亡した患者数は前者で596人(29%)、後者で694人(33%)となり、死者数が有意に減少したことが示された。トシリズマブを投与すれば25人に1人の命が救われることを意味するという。

また、昨年6月に新型コロナ重症患者の死亡率低下が示されたステロイド系抗炎症薬「デキサメタゾン」などとの併用による効果も大きいとし、トシリズマブとデキサメタゾンによって、生存率の改善、入院期間の短縮化、人工呼吸器の必要性低減につながるとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  9. 9

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  10. 10

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。