記事

所属政党隠しに走る民主党前職:姑息だし、政治家としての質が問われる

 選挙直前になって、自分の当選目当てのために、民主党を飛び出す人が続出している。そんな政治家が集まった第三極などにまともな政治などできるわけがない。

 さらに民主党に残っている政治家にも、自分の党を隠す姑息な行動に出ている人がいるらしい。新聞報道によると和歌山1区でも民主党の前職は民主党公認で立候補する予定であるにもかかわらず、集会等で「今度の選挙は政界再編の予備選挙。民主党とか関係なく、個人党で入れてほしい」などと言って歩いているそうだ。

 何という情けない行動だろう。前回の選挙では「民主党」であることを連呼しまくって、民主党のマニフェストを配りまくって当選したというのに、都合が悪くなったら党名隠しに走る。こんなことをやっているから政治は信頼されなくなるのだ。まだ離党して別の党に走ったチルドレンの方がましだ。

 政党に属するということは、その政党と理念や政策を共有するということだ。そしてその政党の政策や姿勢や理念が国民に支持されれば、選挙に勝って政府の役職に就くチャンスも生まれる。一方で政党が評価されなくなれば、野党に転落し、場合によっては自分も議席を失う。その間反省し、党を改革し、再び政権を目指す。これが政党政治のあるべき姿である。

 このような基本を理解し、所属する政党と運命を共にする覚悟、矜持のない政治家は、政治の世界から姿を消すべきである。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。