記事

所属政党隠しに走る民主党前職:姑息だし、政治家としての質が問われる

 選挙直前になって、自分の当選目当てのために、民主党を飛び出す人が続出している。そんな政治家が集まった第三極などにまともな政治などできるわけがない。

 さらに民主党に残っている政治家にも、自分の党を隠す姑息な行動に出ている人がいるらしい。新聞報道によると和歌山1区でも民主党の前職は民主党公認で立候補する予定であるにもかかわらず、集会等で「今度の選挙は政界再編の予備選挙。民主党とか関係なく、個人党で入れてほしい」などと言って歩いているそうだ。

 何という情けない行動だろう。前回の選挙では「民主党」であることを連呼しまくって、民主党のマニフェストを配りまくって当選したというのに、都合が悪くなったら党名隠しに走る。こんなことをやっているから政治は信頼されなくなるのだ。まだ離党して別の党に走ったチルドレンの方がましだ。

 政党に属するということは、その政党と理念や政策を共有するということだ。そしてその政党の政策や姿勢や理念が国民に支持されれば、選挙に勝って政府の役職に就くチャンスも生まれる。一方で政党が評価されなくなれば、野党に転落し、場合によっては自分も議席を失う。その間反省し、党を改革し、再び政権を目指す。これが政党政治のあるべき姿である。

 このような基本を理解し、所属する政党と運命を共にする覚悟、矜持のない政治家は、政治の世界から姿を消すべきである。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  10. 10

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。