記事

普天間と憲法が抜けている

 政党がたくさん出来て討論が花ざかりだが、各党の持ち時間が少ないこともあって、議論が深まらなくなっている。そんな中で霞んでしまったのが、オスプレイの配備やアメリカ兵の犯罪の問題を含む基地問題と、憲法の問題だ。どちらも日本の将来にとって決定的に重要な問題なのだが。

 普天間基地の問題は、辺野古への移転がますます難しくなる中でのオスプレイ配備で、沖縄の負担を耐え難いまでに加重している。それに加えてアメリカ兵の暴行が止まらないのだから地元はたまらない。本来なら地位協定や、アメリカ軍再編計画の見直しが大きな政治課題になるべきところだ。しかし現実には政府の「日米同盟の深化」が公式の政策になったまま、それ以上の議論が大きな争点になってこない。

 憲法問題も、集団的自衛権などで時たま話題になり、石原・維新にとっては憲法9条は最大の障害物と思われているらしいのだが、正面から選挙の争点にはなっていない。憲法を改定するには手続きのハードルが高いから、護憲派にもまださし迫った問題とは意識されていないのだろうか。

 何より今の大きな話題は、原発をどうするかという問題に集中している。短期的にはこの冬の電力は足りるかとか、汚染ゴミをどこで処分するかといった問題にもなるから、誰にも見えやすい。大勢としては、この総選挙が原発・エネルギー問題を中心に展開されるのは、やむをえないだろう。

 ただ、大まかに考えれば、脱原発の路線はアメリカの核戦略からの離脱を意味するから、対米自立、日米同盟見直しの政策と親和する。そして軍事同盟に深入りしないことは、平和憲法を維持することに親和してくる。

 いま日本の国内で脱原発の世論が高まっていることに対し、アメリカが強い危機感を抱いていることは想像できる。最近アメリカの議会が尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲であることを確認したというニュースがあったが、これなども日本をアメリカに引き寄せておきたい援護射撃の一種だろう。対中強硬論を勇気づけたいのだ。

 その一方で、国連総会でパレスチナを国家として認める表決の際に、日本は珍しく反対するアメリカに追従せず賛成票を投じた。こういう自主外交は日本の平和と安全に寄与するだろう。

 日本の総選挙をめぐっては、海外からもいろいろな働きかけがある。国益を守る選挙結果を出せるといいのだが。

あわせて読みたい

「衆議院選挙2012」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  4. 4

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  5. 5

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  6. 6

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  7. 7

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  8. 8

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  9. 9

    オンライン投げ銭文化の光と闇 クリエイターとユーザーを惑わす諸問題と功罪

    S-MAX

    05月09日 12:38

  10. 10

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。