記事

「再婚後出産なら現在の夫の子」 法制審中間試案

法制審議会の親子法制部会は、昨日9日、子の父を決める民法の「嫡出推定」を見直す中間試案をまとめました。離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」とみなす規定の例外を設け、母が出産時点で再婚していれば「現夫の子」とする内容です。

現在の規定は、母が出生届けを出さず、無国籍の子どもを生む主な原因になっていました。明治時代から続いてきた家族のルールが、ようやく一部ですが改正される道が見えてきました。また、離婚時に妊娠中の女性を対象にした100日間の再婚禁止期間の撤廃も盛り込まれています。ともに、議員をしていた時から取り組んできましたので、ようやくという思いです。

現在の民法では、結婚200日経過後に生まれた子は現夫の子、離婚後300日以内の子は前夫の子とみなすと規定しています。子の福祉上、父を早く確定する必要があるという考えですが、母が離婚直後に別の男性との子を産んだ場合に支障が出ていました。

家族のあり方が多様になり、また科学的に証明できるようになるなど、時代の流れに即していないと、見直しを求める声が上がっていました。特に、法務省によると、今年1月時点の無戸籍者は901人いて、前夫が父となるのを避けるために母が出生届けを出さなかったケースが73%にのぼり、問題になっていました。

また、中間報告には、父子関係を否定する嫡出否認の訴えは、夫にのみ出生から1年間認められているものを、未成年の子と、子の代理で母にも広げ、提訴期間を3年か5年に延長することも盛り込まれています。今回の改正案は、一歩前進ではありますが、事実婚カップルなどには適用されず、DV夫から逃れて離婚が成立していない場合もあるなど、課題も残されています。これを一歩として、更に改正していってもらいたいと思います。

また、中間試案では、子の利益のため監護、教育を行う親権者の権利と義務を定める民法820条に、第2項として子の人格の尊重義務を新たに規定。その上で、「820条の監護、教育に必要な範囲内で子を懲戒することができる」とする822条について、〇条文そのものを削除 〇「懲戒」に代えて「指示、指導」を用い、体罰禁止を明記 〇「監護、教育に際し体罰を加えてはならない」と規定する3案を軸に、引き続き検討する、としています。この点も、児童虐待のもとになっているので、是非、見直しをしてもらいたいと思います。

法制審は、パブリックコメントを経て議論を進め、最終案を法相に答申する予定で、法務省は来年の通常国会への改正法案提出を目指して作業を進める、ということです。

あわせて読みたい

「戸籍制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    10年周期のみずほ銀行システム障害-運用面の問題はどこにあるのか?

    山口利昭

    03月02日 08:53

  2. 2

    【寿司】、パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

    後藤文俊

    03月02日 08:38

  3. 3

    「菅と二階の怒りを買った2人が飛ばされた」……NHK有馬キャスター、武田アナ降板の衝撃 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月01日 22:28

  4. 4

    ワクチン接種の60代女性が死亡 ワクチンとの因果関係は不明

    ABEMA TIMES

    03月02日 19:53

  5. 5

    山田広報官を辞任に追い込んだ日本の悪い癖

    ヒロ

    03月02日 10:38

  6. 6

    通話など利用料無料をうたう「Rakuten Link」を試してみた

    krmmk3

    03月01日 14:27

  7. 7

    過剰に豪華なオフィスを構えている企業は「危険」

    内藤忍

    03月02日 11:40

  8. 8

    緊急事態宣言再々延長ならば菅政権の失政が原因

    鈴木しんじ

    03月02日 18:08

  9. 9

    NHK「ニュース7」担当職員の飲酒傷害事件は特権意識の現れか

    渡邉裕二

    03月02日 08:04

  10. 10

    二都構想で令和維新の実現を

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    03月02日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。