記事

丸投げ「エンジニアもどき」はGitHubの夢を見るか?

Facebook のタイムラインに、Wireless Wire News に「海外で食べて行けるエンジニア、食べられないエンジニア」という記事が流れて来た。

簡単に言うと、外でも食べて行ける人は「自分で手を動かして何かできる人」です。

コーディングできる、設計できる、管理の仕組みを考えられる、コストカットした機材の調達の仕組みを考えられる、人員管理がうまい、プロジェクト管理できる、監査の仕組みやドキュメントを作れる、戦略を作って実行できる、という様な「自分で何かができる」人です。

反対に、「これは食べて行けない」という典型例。それは、日本国内の大手ベンダやユーザー企業勤務で、下請けや孫請けへの「丸投げ」しかできない「エンジニアもどき」や「SEというなんだか良くわからない仕事をやっている人」「仕事が部長や課長」という人々です。

基本的には、私が以前、「ソフトウェアの仕様書は料理のレシピに似ている」に書いたことを同じことを指摘しているが、もっと直接的で手厳しい。

ちなみに、そもそも私が NTT の研究所を辞めてマイクロソフトに転職したのも、NTTに長くいると「NTT の中でしか通用しないエンジニア」すなわち「海外では食べていけないエンジニア」になってしまうことが見えたから。あのままいたら、今頃は私自身が「天下り先」でも物色しているのかと思うとゾッとする。

人材市場のグローバル化がますます加速する今、ソフトウェア・エンジニアという職を選んだ限り「世界のどこに言っても、ソフトウェアの腕一本で食べて行ける」エンジニアになっておかなければいけない。

つい先日も、シリコンバレーのあるカンファレンスで技術的な発表をしたいと申し込んだところ、Linked-In アカウントで経歴をチェックされ、GitHubアカウントでオープンソース・コミュニティへの貢献度を確認された。 別のところでは、履歴書に stackoverflow コミュニティでの貢献度を書くエンジニアが増えているとも聞いた。

大手ベンダーで丸投げをしている人達には厳しい時代だが、腕に自信のあるエンジニアにとっては本当に素晴らしい時代だ。

Viva GitHub, Viva stackoverflow!

あわせて読みたい

「エンジニア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  4. 4

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  5. 5

    本物の教養を身につけるには「優れた歴史書」を読めばいい - 出口治明

    幻冬舎plus

    05月05日 14:49

  6. 6

    コロナ禍での「緊急事態条項」は「諸刃の剣」

    自由人

    05月05日 14:14

  7. 7

    人生、山あり谷あり… ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏の離婚に思う

    ヒロ

    05月05日 11:43

  8. 8

    憲法改正についての世論調査 改憲必要という発想の危うさ その2

    猪野 亨

    05月05日 14:37

  9. 9

    出産予定日間近の倉持由香 腰痛と仕事を奪われる不安でメンタルをやられる

    倉持由香

    05月05日 08:03

  10. 10

    「体育会系」は自己啓発好き?牧野智和氏に聞く、スポーツと自己啓発が結びつく理由

    山本ぽてと

    05月05日 11:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。