記事
  • 東龍

コロナ禍でまた有名店が閉店! タカノフルーツバーがすごかった4つの理由

1/2
フルーツサンドイッチ/著者撮影

タカノフルーツバーが閉店

タカノフルーツバーが2021年3月31日に閉店すると2月1日に発表され、大きな話題となっています。

タカノフルーツバー 閉店のお知らせ(新宿高野)

J-CASTニュースによれば、SNSでは「信じられない」「最後に行っておかなければ」といった投稿があり、閉店を惜しむ声で溢れているということです。

新宿「タカノフルーツバー」が閉店 「大好きだったのに」「信じられない」SNSで惜しむ声続出(J-CASTニュース)

この記事は、Yahoo!ニュースでもトピックスに取り上げられて反響を呼び、コメントも2000以上が投稿されています。

タカノフルーツバーはフルーツのブッフェ店

ブッフェ台/著者撮影

タカノフルーツバーはどういった店なのでしょうか。

1885年に創業したフルーツ専門店の新宿高野が直営するフルーツバーで、新宿高野本店の5階に1987年オープンしました。

オープン当初からブッフェが行われており、フルーツを含めたデザートや料理を終日にかけてブッフェスタイルで楽しめます。とても人気が高く、テレビや雑誌でもよく紹介されていました。

ブッフェの老舗なので、東京近郊に在住していれば一度は訪れたことがあるという人は多いのではないかと思います。

閉店に至った理由

歴史と人気があるタカノフルーツバーはなぜ閉店することになったのでしょうか。

広報マネージャーを務める久保直子氏は次のように話します。

「1年ほど前から、バイキング業態の見直しを検討していた。オペレーションのあり方やフルーツを中心としたメニューの変更を考えており、閉店するという結論に至った」

新型コロナウイルスの感染拡大により、新しい生活様式も求められ、ブッフェレストランは大きな転換を強いられることになりました。そこで熟慮した結果、ブッフェのオペレーションを変更したり、やめたりしたところも少なくありません。

新宿高野は今後、併設するカフェのタカノフルーツパーラーに、より注力していくということです。

長い歴史があるだけに閉店するのは寂しい気持ちがしますが、ここで改めてタカノフルーツバーが与えた大きな影響について振り返ってみましょう。

男性だけの入店は不可能

タカノフルーツバーはオープン時からしばらくの間、男性だけでは入店できなかったことでも注目されました。女性だけが入店できるのではなく、男性だけでは入店できないというのがポイントです。

面白いシステムなので、テレビや雑誌では、おいしいフルーツが食べられることに加えて、男性が女性を誘うよいきっかけになると紹介されてきました。食べ慣れていない高級フレンチや、プライベートエリアが確立された個室風レストランではなく、フルーツが中心のブッフェであれば、なおさら気軽に誘いやすいことでしょう。

タカノフルーツバーとタカノフルーツパーラー/著者撮影

男性だけで訪れると、併設されたタカノフルーツパーラーはどうかと案内されて、そこでフルーツが盛りだくさんのパフェやサンドイッチを食べて満足して帰ったという話も耳にしたことがあります。

こういった特徴的なシステムも、時代とともに新しくなりました。2013年からは17時以降に、2018年6月1日からは終日にかけて、男性だけでも利用できるようになったのです。

ブッフェの利用条件でいえば、2人以上で入店したり、1ドリンクをオーダーしたり、サラダバーのみではなくメインディッシュも注文したりと、様々な条件を課されることがあります。

ジェンダーフリーが叫ばれている今の時代においては、男女別に料金が異なることはまだあっても、女性がいなければ入店できないというブッフェはほぼなくなってきたといえるでしょう。

そういった意味でも、タカノフルーツバーは貴重なブッフェの一時代を築いたといえます。

終日実施

今でこそ、ブッフェ専門のレストラン、つまり、終日にかけてブッフェを行うレストランは一般的になってきましたが、2000年以前ではまだ珍しかったです。

当時ではランチのみにブッフェ、ティータイムにだけブッフェ、もしくは、週末にだけブッフェというような営業形態が多く見かけられました。ホテルであれば、オペレーションの関係で朝食にだけブッフェを行うところは今でも多いでしょう。

2000年代半ばに入るとブッフェレストランが増えていきます。ただ、毎日終日にかけてブッフェを行っていると内容も単調になりがちなので、数ヶ月や季節毎にフェアを行ってメリハリをつけるようになりました。

タカノフルーツバーは、2000年当初には既に2ヶ月毎にメニューを新しくしていたので、ここでも他に先駆けていたことになります。

終日ブッフェを行う店として、他のブッフェレストランに影響を与えたことは間違いありません。

あわせて読みたい

「飲食業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  7. 7

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  8. 8

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  9. 9

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。