記事

党首が公約を知らず、公約を公約でないと言い換える政党(呆)

1/2
各党の公約もほぼ出そろったようですので、主な政党のだけでも見ていきたいなと思っています。特に自民党の改憲案(公約ではないけれど)については逐一検証しようと思っています。
ですがその前に、公約を巡っての日本王政復古党またの名を日本ナチス党(自称日本維新の会)のあまりに稚拙なドタバタを記録しておきます。
こんな即席のガタガタな政党が今、日本でもっとも注目を浴びる党である、と言うことがいかに情けなく恥ずかしいことであるかをもう一度認識できるように。

テレビでも繰り返し報道されたのでご存じの方も多いでしょうが、11/30午後の党首討論会の動画がありましたので掲載しておきましょう(1:50あたりからご覧下さい)



(維新の公約には2030年までに原発フェイドアウトと書かれているので)
記者「石原さん、核のオプションを失ってもよろしいんですか?」
石原「いや、それは困ります」
記者「フェイドアウトという維新の会の政策は石原さんの意に沿わない政策ですか?」
石原「フェイドアウトってどういうことですか」
記者「フェイドアウトって消滅です。」
石原「原発を、ですか?」
記者「石原さん、それは維新の会の公約に書いてあるんですよ」
石原「いや、それは違います、私が公約を直させました。」(※この段階でフェイドアウトの公約は削られてはいません)
記者「直ってませんから、直させてください」
石原「わかりました。」

呆れるほかありません。
党首が自分の党の公約知らないって、しかもこんな重要事項の公約知らないって・・どういうこと???

原発のフェイドアウトの公約が石原氏の言うようにこの記者会見の段階で既に削除されてた形跡もないし、現在でも「原発フェイドアウト」の文言は残ったままです。石原氏が直させた形跡はありません。
この件について代表代行の橋下氏はといえば、例によって都合の悪いことにはダンマリを決め込みました。

橋下氏、石原氏の原発発言に“沈黙”
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20121202-1054487.html

 日本維新の会の橋下徹代表代行(43)は1日、新潟、富山県など4カ所で街頭演説を行った。11月30日に石原慎太郎代表(80)が原発政策の公約を否定する発言を行い、橋下氏の反応が注目されたが、それについてはいっさい触れず。この日最後のJR富山駅前での演説後も報道陣へのコメントはなく、石原発言については“沈黙”したかたちとなった。維新ツートップの距離感が浮き彫りになった原発政策には各党から批判の声も上がった。

 石原氏による原発政策での公約修正発言について、橋下氏が沈黙した。この日は新潟、富山の両県で街頭演説。普段通りの歯切れのいい口調で日本維新の会をアピールしたが、前日の党首討論会で石原氏が原発政策をめぐり党公約を否定したことへの発言はなかった。

(略)

石原氏の公約見直し発言を受け、日本維新の会幹事長、松井一郎大阪府知事は「見直しはしません」と否定。党内で食い違いを見せており、一夜明けた橋下氏の反応が注目された。


こんな重要な件についてごまかしたままでも支持者は付き従ってくると踏んでいるのでしょうね。有権者は随分と舐められたものです。
そして今度は、こんなことを言っています。

橋下氏「ボロボロだ」…未来の「卒原発」方針に

日本維新の会の橋下代表代行は2日、テレビ朝日の番組で、政権公約に添付した「政策実例」に「既設の原発は2030年代までにフェードアウト(次第に消える)」と明記したことに関し、「『政策実例』は議論のたたき台。公約ではない」と述べた。

 原発政策を巡っては、必要性を主張する同党の石原代表が反発し、見直す考えを示していた。「政策実例」は公約ではないとすることで「党内不一致」との批判をかわす狙いがあるとみられる。
(引用中断)


あ~あ。
脱原発は公約だと言ったり公約じゃないと言ったり。
そうかとおもえば公約なんて細かいところまで決めなくていいんだと開き直って、あげくには脱原発の細かい工程表は朝日新聞や毎日新聞が作れってもうハチャメチャ


橋下さん、一体何様?
新聞社ってね、あなたの部下でもなければ行政機関でもないですよ?ご存じありませんでした?
泥酔してるんですか?

原発政策に関して公約を知らなかった党首も党首ですし、ダンマリごまかし開き直りの代表代行もアレですが、党の候補予定者もアレレな状態です。


もうこれじゃあ政党として成り立たない、バラバラだ、勝手にしろ!と、私だったら投げ出したくなりますね(笑)

そして恒例行事となりましたが、橋下氏はまたまた自分のことは棚に上げて他を攻撃しています。
未来の党の卒原発方針を「飯田哲也氏(代表代行)の考えたもので、ボロボロだ。原発立地のことを全く考えていない」などと批判したようです。
でも、まず自分の所のボロボロな原発政策の方針を何とかしてから発言した方がよろしいでしょうね。(それに飯田氏は橋下氏の脱原発のブレーンでした。飯田氏の案が本当にボロボロなのかどうかは別にして、自分はボロボロな案しかたてられない人物をブレーンにしていた、という自爆にもなってます、これw)


あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  6. 6

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。