記事

AIがペットの顔写真から病気を予測 トイ・プードルでは70%の精度を発揮

アニコム ホールディングス株式会社(以下、アニコム社)は2月5日、学習済みモデルを用いてペットの顔写真から病気を予測する疾患予測システムとその疾患予測方法について、世界初とうたう特許(以下、本特許)を日本で取得したと発表(特許第6734457号)。

※アニコム社によると、「動物の顔画像」と「その動物の撮影時から所定期間内の疾患罹患(りかん)の有無」を教師データに利用して学習を実施した学習済みモデルを用いて、動物の顔写真から病気を予測する疾患予測システムとその疾患予測方法が世界初という。

今回取得した特許は、AI(人工知能)技術を用いることで、ペットの顔写真のみから一定期間内に眼や耳、皮膚疾患といった病気にかかるかどうか予測できるというものだ。

本システムの一例としては、トイ・プードルの顔写真を用い、1年以内に眼科疾患を発症するかどうか予測したところ、約70%の精度で疾患の有無を正しく回答できたという。

ペットの代表格である犬は、人間の約6倍のスピードで生きていると言われており、病気について早期発見・早期治療が重要とのこと。しかし、動物は言葉を話せないため、飼い主が体調の変化に気づくのが遅れてしまうことが多々あるという。そのため、どんな病気になる可能性があるか・リスクが高いかを、あらかじめ飼い主が知っておき、病気の兆候に気づきやすくすることが重要だという。

アニコム社ではこれまでも、ペット保険の請求データを分析した独自の疾患統計を用いたりして、ペットの品種や年齢・性別などによってかかりやすい病気を公表し、飼い主に対する知識の普及・啓発を実行することで、「予防」に注力してきたという。

今後、本システムを活用することで、品種や年齢といった大枠の情報だけでなく、より細分化された、それぞれの個体に応じた病気のリスクも予測できることから、本特許を用いて、新サービスの提供など従来以上に1人1人にあわせた「予防」の実現を目指していくとする。

>>ニュースリリース

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  6. 6

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  7. 7

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  8. 8

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  9. 9

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。