記事

学校給食・子供食堂に国産農畜水産物

2008年度から毎年実施してきた予算委員会の地方公聴会ですが、今回は新型コロナウイルスの影響で実施しないことになりました。

その代わりに参考人の方に16日(火)の予算委員会に出席をして頂き、ご意見を聴取することを、本日の予算委員会の冒頭に決定致しました。

これで本日、12日(金)、15日(月)に各7時間の審議と、16日の参考人からの意見聴取までの日程が決まりました。

さてコロナの影響で需要が落ち込んだ和牛や地鶏、魚介類や果実などを「学校給食」や「子供食堂」で子供たちに味わってもらうと同時に、生産者や流通業者を支援するために、農林水産大臣時代の令和2年度第1次補正予算「国産農林水産物等販売促進緊急対策事業」で、食材等の提供を実施致しました。

この事業を活用して各地の学校給食等で、和牛や魚介類、メロンやマンゴーなどを提供して、子供たちにも大変喜んで頂いたところでした。

その様な中、昨日の読売新聞に和牛入りのハヤシライスを給食で出した東京都墨田区の小学校に、畜産農家が出向いて「食育」の授業を行ったという記事が掲載されていました。

昨年、学校給食に和牛を出したときの新聞に「感染予防のため席は1つおきで、私語も慎む。でも、時折、おいしいとため息がもれる」という記事が掲載されたことを思い出して微笑ましい気持ちになりました。

令和2年度第3次補正予算「国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業」については、本来は3月以降が対象でしたが、1月8日以降の取組も対象に出来ることになりましたので、

是非、この機会に未来を担う子供たちに、地産地消の食育活動の一環として、日本の素晴らしい農畜水産物を味わって頂ければと思います。

あわせて読みたい

「食育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  2. 2

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  3. 3

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  4. 4

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  5. 5

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  6. 6

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  7. 7

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  8. 8

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  9. 9

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  10. 10

    湯水のようにばらまかれた資金 バブル崩壊の前に襲ってくるインフレという強敵

    澤上篤人

    03月05日 17:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。