記事

#dontbesilent と投稿したドイツ大使館「女性の積極的な意見表明を応援する思い」

複数の駐日大使館が5日、Twitterに「#dontbesilent」「#genderequality」「#男女平等」などのハッシュタグを付けて投稿し、話題となった。

最初に投稿したのはドイツ大使館で、ハッシュタグだけを記した文面に、職員の女性が左手を挙げた写真、さらに男性も加わって同じく左手を挙げた写真の2枚が添付されていた。続いてフィンランド大使館、駐日欧州連合代表部、スウェーデン大使館が同じような内容を投稿。アイルランド大使館は欧州連合代表部の投稿を引用する形で、「駐日欧州連合代表部およびEU加盟各国の駐日大使館とともに、#DontBeSilentイニシアティブに賛同します」という文言を添えて投稿している。

これらのツイートが投稿されたのは、4日に東京オリンピック・パラリンピック組織員会の森喜朗会長が「女性がいる会議は長くなる」と女性を蔑視する発言をし、問題視されている最中だった。投稿では直接的には言及されていないが、森会長の発言に対して声を上げるものだとして、SNSで反響が広がり、多くのメディアでも取り上げられた。

ドイツ大使館「女性の積極的な意見表明を応援」

最初に投稿したドイツ大使館広報に問い合わせて、経緯やツイートに込めたメッセージについて聞いた。

まず、「男女同権」「男女平等」といったジェンダーに関するテーマはドイツ人にとって大変重視しているテーマのひとつだとして、職員が参加できる形のツイートを投稿したと経緯を説明。

写真内の左手を挙げるポーズについては、「会議中に発言を行う際の挙手」を表し、女性の積極的な意見表明を応援する気持ちを込めたという。

森会長の発言を受けてのものかという問いに対しては、あくまでも「女性の積極的な意見表明を応援する気持ちを表すため」という趣旨だという回答だった。

反響が広がったことについては驚いたとしつつ、「このテーマが多くの方々に、また身近な問題として取り上げられたことはうれしく思います」とコメントした。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「性差別」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  5. 5

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  6. 6

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  7. 7

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

  8. 8

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  9. 9

    小室圭さんの釈明会見はあるのか 問題は「眞子さまが出席なさるか」

    NEWSポストセブン

    03月05日 09:11

  10. 10

    トルコで広がる‘ウイグル狩り’――中国の「ワクチンを送らない」圧力とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    03月05日 15:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。