記事

売上高の最大化を経営の第一目標に掲げているアマゾン

1/2
アマゾン(ティッカー・シンボル:AMZN)は売上高の最大化を経営の第一目標に掲げています。その理由は、現在、アメリカの小売業界では「ブリック&モルタル」と呼ばれる、実店舗とネット・ショッピングが激しく顧客を奪い合っているからです。

実店舗への来店客がiPhoneなどでお目当ての商品の値段をその場で調べ、若し自分の目の前にある商品の価格よりネット・ショッピングの方が安ければ、ネットで買う……そういう血みどろのバトルが、今、クリスマス商戦期間にまさに戦われているわけです。

各社の経営環境がこのような価格ドリブンな状況である以上、マーケットシェアの極大化に最適化された経営戦略を取ることは正しいし、アップルのようにプレミアム商品を持ち、しかも販売チャンネルを厳格にコントロール出来ている企業を除けば、唯一のゲームの戦い方であるとすら言えます。

売上高成長率の最大化という評価基準では、アマゾンは他の小売業者を圧倒的に凌駕しています。いま実店舗で最大の企業であるウォルマート(ティッカー・シンボル:WMT)、家電量販店で最大のベストバイ(ティッカー・シンボル:BBY)、本屋さんの最大手バーンズ&ノーブル(ティッカー・シンボル:BNS)の各社とアマゾンを比較すると、次のようになります。

リンク先を見る

キャッシュフロー成長率という基準で見た、各社のパフォーマンスは下のグラフになります。

リンク先を見る

このような成長を得るために、アマゾンはマージンを犠牲にしています。

リンク先を見る

なお、バーンズ&ノーブルとベストバイはネット・ショッピングからの競争で業績を大きく落としています。ウォルマートは利幅の確保に留意しながら経営されていますのでマージンは安定的に推移しています。

株主資本利益率でみるとアマゾンは明らかに利益を犠牲にした経営を意図的に展開していることがわかります。

リンク先を見る

アマゾンの一株当り利益(EPS)が今年から激減しているのはキンドル・ファイヤをはじめとするデバイスをわざと安売りする戦略に出ているためです。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  3. 3

    菅さんは、小池さん並みにマスコミを上手に使えばいいのになあ

    早川忠孝

    05月09日 16:21

  4. 4

    驚愕のデータ!日本のコロナ感染拡大は空港検疫陽性者数とほぼ相関!なぜコロナを防げないのか?

    かさこ

    05月09日 08:19

  5. 5

    お相撲さん→スーパーの店長→モデル→インドで人気俳優…元力士の波乱万丈すぎる人生

    文春オンライン

    05月09日 15:23

  6. 6

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  7. 7

    小池都政DX戦略大失敗!急げ医療者へのワクチン接種

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    05月09日 21:10

  8. 8

    「遊びは富を生み出さない」の定義を変えたYouTuberのゲーム実況

    Dain

    05月09日 11:34

  9. 9

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  10. 10

    会議中に「頭ごなしの反論」があったときの天才的な切り返し方

    PRESIDENT Online

    05月09日 14:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。