記事
  • ロイター

武漢研究所漏えい否定、人感染に「複雑な経路」=WHO調査団


[武漢(中国) 9日 ロイター] - 新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢市を訪問している世界保健機関(WHO)調査団を率いるピーター・ベン・エンバレク氏は9日、武漢ウイルス研究所からウイルスが漏えいした可能性は極めて低いとし、これ以上の検証は必要ないとの見解を示した。

エンバレク氏は現地で行った記者会見で、新たな情報を入手したとしながらも、感染拡大の経緯を大きく塗り替えるような事実は見当たらなかったと指摘。起源となった動物から人に感染できるようになるまでに極めて長く複雑な経路をたどったと考えられるとし、新型コロナの起源はコウモリである可能性が示唆されているものの、これが起きた公算は小さいと述べた。

調査団は新型コロナの感染拡大時期を探るために現地で血液サンプルを収集。「結論として、2019年12月以前に武漢、およびその他の場所で新型コロナに関連付けられる大規模感染があったとの証拠は得られなかった」と述べた。

このほか、冷凍食品を介して感染が広がった可能性も指摘。供給網を検証する必要があるとの考えを示した。

中国国家衛生健康委員会の専門家も、新型コロナが19年末に武漢市で特定される以前から他の地域で流行していた可能性があったとの見解を表明。19年末に感染が拡大するまで、武漢市内で目立った流行はなかったとした。

ウイルスの遺伝子配列は動物が感染源の可能性を示しているものの、宿主となった動物はまだ特定されていないとし、その候補としてはコウモリ、センザンコウ、ミンクや猫が挙げられるとした。ただ武漢の洞窟などで採取した検体からは、新型コロナウイルスの所在を確認することはできなかったという。

さらに、現時点で入手した証拠からは、ウイルスがどのように武漢市の海鮮市場に持ち込まれたか解明できないとした。

同委員会の報道官は、中国はWHOの調査団と体系的かつ総合的な調査を行ったと表明。WHOを全面的に支援してきたと述べた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「WHO」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  5. 5

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  6. 6

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  7. 7

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  8. 8

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

  9. 9

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  10. 10

    「私自身が判断したい」という総理発言は何故素直に受け入れられないのか

    近藤駿介

    03月04日 13:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。