記事

Switchで最も売れたゲームは『あつ森』ではなく…? 意外な作品タイトルと売れ続ける理由 - 渡邉 卓也

 新型コロナウイルスの影響もあり、破竹の勢いで売れ続けるNintendo Switch。累計販売台数は7987万台を越え、任天堂のゲーム機としては歴代3位の売り上げを記録するほどの人気となった。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

 さて、では「そのNintendo Switchでいま最も売れているゲームソフトは何か?」と聞かれたら、おそらく多くの人は、流行しており全世界で3118万本を販売した『あつまれ どうぶつの森』と答えるだろう。しかしそれは間違いで、正解は『マリオカート』シリーズ(通称『マリカー』)の最新作、3341万本を記録している『マリオカート8 デラックス』なのである(*1)。

*1 販売本数の各種データは、任天堂「2021年3⽉期第3四半期 決算説明資料」より。

 このゲームは、約7年前にWii Uで発売された『マリオカート8』に各種要素を付け加え、2017年に改めてNintendo Switch向けにリリースした作品だ。だいぶ前の作品にも関わらず未だに売れ続けており、勢いのある『あつまれ どうぶつの森』に負けていない。なぜここまで『マリカー』は売れ続けるのだろうか?

もはや定番になったゲームの強さ

『マリカー』は、マリオやルイージ、そしてクッパといった馴染みあるキャラクターたちがカートやバイクでレースを繰り広げるゲームだ。単純にレースをするだけでなく、「アカこうら」を相手にぶつけてスリップさせたり、「ダッシュキノコ」で一気にスピードアップしたりと、アイテムでレース状況が大きく変わるのも特徴となっている。もはや、こういった説明が不要なくらい有名な作品といえるだろう。

 『マリカー』最新作である『マリオカート8 デラックス』も品質が高く、グラフィックも美しければ「反重力エリア」でマリオたちが壁や天井を走るなどの特徴がある。しかしながら本作だけが極端に何か目新しいものを持っているわけではなく、どちらかといえば安定したクオリティの作品といえよう。

『マリカー』はもはや“定番のゲーム”だ。任天堂のゲーム機を購入したのであれば、一緒に買っておけばきちんと楽しめるであろうという信頼を得た作品になっているのである。

『マリカー』新作発売時に起こるおもしろい現象

 信頼を勝ち取った『マリカー』にはおもしろい現象が起こる。新作タイトルが出ると、なんと売り上げランキングに過去作が顔を出すこともあるのだ。もちろん新作と過去作では内容が異なるものの、あまりにも定番すぎて「とにかく『マリカー』を遊びたいが、新しいゲーム機がない・買えない人がいるために、過去の『マリカー』も売れる」といった現象が起こるのである。

 つまり、よほどの問題がなければ『マリカー』は売れる作品なのだ。多くの人が遊んだことがあり、カジュアルで親しみやすい。ここまで信頼されきっているゲームは、本当に数少ない貴重なものだ。しかし、それだけで最も売れたタイトルになるだろうか?

本当に“誰でもプレイできる”作り

『マリオカート8 デラックス』で注目したいのが、コースアウトを自動で防いでくれる「ハンドルアシスト」と、操作しなくてもアクセルを踏んだ状態になる「オートアクセル」機能だ。このオプションを選択すると、ほとんど何もしなくてもレースができてしまうほど親切なのである。

 これさえあればゲーム慣れしていない人もレースを楽しめるようになるわけだが、「それはあくまで救済要素であって、売れる理由とは違うのでは?」と思うだろう。しかし、こと『マリカー』においてこのシステムは重要になってくる。

 前述のように、『マリカー』は定番となっているタイトルだ。1992年にスーパーファミコンでシリーズ初代が発売されてからというものの、任天堂のゲーム機が出るたびに発売されている。ニンテンドーDSの『マリオカートDS』から一段と人気が高まり、さらにメジャーな作品となった。

 定番となった理由は複数ある。多くの人が楽しみやすくわかりやすいルール、出現するアイテムによって順位が変化するためほどよく運が絡むシステム、そして互いに妨害しあうのにほのぼのとした絵面になる工夫などが挙げられるが、そのどれもが「気軽にみんなが楽しめるゲーム」になるための要素なわけだ。

 より多くの人が遊べるようにするのであれば、極端な話「コントローラーを持って、カートを操作する」部分がネックになる。ゆえにWiiのころには直感的に操れるハンドル操作(コントローラーをハンドルのように持って操作するモード)が用意されたし、『マリオカート8 デラックス』に至ってはほとんど自動運転ができるようになった。

 ハンドルアシストとオートアクセルがあっても、プレイヤーは自分でアイテムを使う必要があるため、レースに参加している雰囲気がきちんと味わえるわけだ。このシステムのおかげでそれこそ未就学児でも楽しめる作品になり、「みんな」の範囲がさらに広がった。

 つまり『マリカー』は定番になったからすごいのではなく、定番になったうえで「さらなる定番化の努力を続けている」ために売れ続けるのである。そのためNintendo Switchと一緒に購入されるほどの信頼を勝ち取っており、『あつまれ どうぶつの森』が発売されたあとでも販売本数で負けないわけだ。

「Wii Uが売れなかった」ことが意外な影響をもたらす

 前述のように、Nintendo Switchで最も売れている『マリオカート8 デラックス』は、Wii Uで発売された『マリオカート8』を前身とした作品になっている。いわば要素を追加した移植作品であり完全新作ではないのだが、それがなぜここまで売れるのだろうか。

 ニンテンドーDS以降の『マリカー』は全世界で2000万本近く売れる作品になっているものの、Wii U『マリオカート8』の販売本数は845万本となっている。半分以下になって見劣りするが、実はこれでもWii Uで最も売れたゲームなのだ。そう、そもそもWii U本体自体が全世界で1356万台しか売れていないため、伸び悩んでしまったのである。

 つまり、「『マリオカート8』を遊びたいけれども、Wii Uを買わなかった」という潜在的なユーザーは非常に多く、それがNintendo Switchのヒットによってあぶりだされた。いわば、Wii Uが売れなかったことによって『マリオカート8 デラックス』がものすごく売れたのだと考えられる。

 このような“Wii Uで販売されたソフトをNintendo Switch向けにも展開する手法”はほかにも行われており、たとえば『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』や『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』が該当する。前者は982万本のヒットを記録しており、これから発売される後者もかなりの販売数を期待できるものと思われる。

コンシューマー機そのもののクオリティ

 もちろん、Nintendo Switch自体が優れているのも忘れてはならないだろう。通常のNintendo Switch本体を購入した場合、自動的にJoy-Con(コントローラー)がふたつ付属する。これさえあれば2人プレイが可能なので、『マリオカート8 デラックス』のように友人や家族と遊んで楽しめる作品と非常に相性がよい。


©iStock.com

「Wii Uは失敗したが、Nintendo Switchは成功した」と語られがちなものの、そのふたつはまったく分断されているわけでなく、ゲームソフトの面では地続きになっており、それゆえに成功している側面もあるのだ。自社でゲーム機を作り、かつ品質の高いゲームソフトも手掛けている任天堂ゆえの強みといえるだろう。

忘れてはならないスマホ版『マリカー』の存在

 また、スマートフォン向けに展開されている『マリオカート ツアー』の存在も重要だ。本作は2019年9月に配信された作品で、スマホで気軽に『マリカー』の雰囲気を味わうことができる。

 とはいえ、『マリオカート ツアー』はスマートフォン向けかつ基本プレイ無料のタイトルなので、やはり家庭用ゲーム機で展開される『マリオカート8 デラックス』のような作品とはゲームの内容が異なってくる。ゲームはビジネスモデルでプレイヤーに遊ばせる内容が大きく変化し、同じ名前を冠していても実態はかなり異なるのだ。

任天堂プラットフォームの確立

『マリオカート8 デラックス』がレースゲームであるならば、『マリオカート ツアー』はむしろキャラクターやカートの育成を楽しむゲームというべきだろうか。ゆえに差別化できており、レースゲームを遊びたい人はNintendo Switchが欲しくなる仕組みになっている。

 また、『マリオカート ツアー』によって「ニンテンドーアカウント」の登録者数が急増したのもポイントだ。ニンテンドーアカウントは名前のとおり、任天堂関連の機器やサービスを利用する際に必要になるもので、2020年9月時点で2億アカウント以上も登録者数が存在する。

『マリオカート ツアー』をプレイする際にはニンテンドーアカウントが必須のため、必然的に登録者数が増える。このアカウントはNintendo Switchなどでも使えるため、任天堂関連サービスをスムーズに利用できる状況になるわけだ。このように、スマホ向けタイトルとの相乗効果もあったと考えられる。

 ゲームに限らず、カジュアルで多くの人が楽しめる作品というものは軽視されがちだ。しかしながら『マリカー』のような作品を見ていると、支持される作品の裏には相応の理由があるとわかる。ただ定番の地位であぐらをかいているのではなく、さらなる可能性を追求するからこそNintendo Switchのトップに君臨できるのだろう。

(渡邉 卓也)

あわせて読みたい

「ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で増える離婚予備軍 ステイホームを破局回避のチャンスに変えよう

    土屋礼央

    03月04日 08:03

  2. 2

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  3. 3

    「尖閣の主権は日本」直後に訂正、米報道官の発言、計算づくか

    WEDGE Infinity

    03月03日 12:50

  4. 4

    AI翻訳のロゼッタ、全社員に「英語禁止令」発令「英語は本業の能力とは何の関係もない」

    Ledge.ai

    03月03日 17:31

  5. 5

    緊急事態宣言 延長の方向で検討する政府の判断に「残念」

    青山まさゆき

    03月03日 21:21

  6. 6

    「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:10

  7. 7

    毒蝮三太夫84歳「ワクチン打つ」それがコロナ時代を生きる俺の『飲む打つ買う』だ

    毒蝮三太夫

    03月04日 08:09

  8. 8

    米、中国「最大の地政学上の課題」と認識 国務長官が外交演説

    ロイター

    03月04日 03:05

  9. 9

    もう霞ヶ関の省庁の内部調査や役人の国会答弁は国民の誰も信用しない - 3月3日のツイート

    橋下徹

    03月03日 22:43

  10. 10

    一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    03月03日 17:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。