記事

【読書感想】ブラック企業

1/2
リンク先を見る

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

内容紹介

あの有名企業も「ブラック」化している!

若者を使い捨て、日本の未来を奪う。その恐るべき手口とは?

1500件の労働相談が示す驚愕の事実。


いまや就活生の最大の恐怖「ブラック企業」。大量採用した正社員を、きわめて劣悪な条件で働かせ、うつ病から離職へ追いこみ、平然と「使い捨て」にする企業が続出しています。

著者は大学在学中からNPO法人POSSE代表として1500件を越える若者の労働相談に関わってきました。誰もが知る大手衣料量販店や老舗メーカーの新入社員集団離職など豊富な実例を元に、「ブラック企業の見分け方」「入ってしまった後の対処法」を指南します。

さらに恐るべきは、日本社会そのものがブラック企業の被害を受けているということ。若者の鬱病、医療費や生活保護の増大、少子化、消費者の安全崩壊、教育・介護サービスの低下――「日本劣化」の原因はここにあるといっても過言ではありません。その解決策まで視野に入れた、決定的な一冊です。


目次

●第1章 ブラック企業の実態

●第2章 若者を死に至らしめるブラック企業

●第3章 ブラック企業のパターンと見分け方

●第4章 ブラック企業の辞めさせる「技術」

●第5章 ブラック企業から身を守る

●第6章 ブラック企業が日本を食い潰す

●第7章 日本型雇用が生み出したブラック企業の構造

●第8章 ブラック企業への社会的対策



これはもう、読んでいるとものすごく気が滅入ってくる新書です。

もう40歳で、とりあえず新卒として就職活動をすることはない僕でさえ、読んでいてこんなにイヤな気分になるのですから、これから就職を控えている学生たちの絶望は、どれだけ深いことか。


日本のマスメディアは「すぐ仕事をやめてしまう若者たちの甘え」を責め、「コストをギリギリまで切り詰めて利益をあげる新興企業」をもてはやしています。

テレビでは、「ファミレスグルメ」や「ビジネスパーソンの厳しい仕事っぷり」が、毎日のように放送され続けていますしね。

そりゃ、みんなテレビ見なくなるよ。

だって、いまのテレビに映っているのは「スポンサーが見せたいもの」ばっかりなんだから。

CMの時間以外にも、CMだらけだものね。


この新書を読んで、僕が思い知らされたのは「すぐに仕事をやめてしまう、我慢のできない若者」だと報じられている人の多くは、「ブラック企業によって、やめるしかない状況に追い込まれている若者」なのだということでした。


著者は、こんな「中堅IT企業Y社の事例」を紹介しています。

 Cさんは、新人研修後、営業部内の社長アシスタントというポストについた。社長アシスタントとは、要するに社長の雑用係である。営業部に配属された2週間後、「仕事が遅いのは見た目を気にしているからであり、コンサルタントで採用されたことをひきずっている」との理由でグレー無地のスウェットでの通勤、勤務を命じられる。就業時間外であっても呼ばれれば、すぐに社長や副社長のもとに向かい、雑用をこなさなければならなかった。ここでいう雑用とは、具体的には、社長の出迎え、カバン持ち、副社長のペットの散歩などである。

 雑用に加え、副社長が管轄している稼働管理という部署の仕事を担当していたCさんの残業時間は1日平均5時間に及んだ。彼は懸命に仕事を処理しようとしていたが、社長や営業社員による叱責はやむことがなかった。「気がつかえない。おもしろくない」と評価され、なぜ「おもしろくない」のかと数時間にわたって問い詰められることさえあった。長時間残業と上司によるハラスメントで追いつめられたCさんは、別部署の同僚の目にも明らかなほど「痩せて顔色が悪かった。顔がひきつっていた」という。

 結局、辞めざるをえなくなり、配属3ヶ月後に自己都合で退職した。


自分で「犬の散歩」もできないようなら、犬を飼うなよ副社長!


 某社では、入社式で、新入社員に「お前たちはクズだ。異論はあるだろうが、社会に出たばかりのお前たちは何も知らないクズだ。その理由は、現時点で会社に利益をもたらすヤツが一人もいないからだ」という発言が、役員から浴びせられたのだそうです。

 

 こういう会社では、「会社都合でクビにする」と法律上問題が出てくる(あるいは、クビにすることそのものが許されない)ため、排除したい社員自身から「自己都合で退職する」と言わせるための、さまざまなテクニックを駆使してくるのです。

 そのため、心身を病んで、会社も辞め、その後再就職もできず……という、「ボロボロにされて、使い捨てられる若者」が次々と生みだされるのです。

 「コスト削減」「社内競争」の名のもとに。

 しかも、そうやって病んでいった若者たちは、休職させて、いったん「回復した」ということにさせてから辞めさせ、会社の責任を回避するという卑劣さ。


 それでも、いまの社会情勢では、「労働者には、いくらでも代わりがいる」し、「多少きつそうな条件でも、正社員というだけで、希望者がいる」。

 むしろ、「使い捨てにしたほうが安上がり」なのです。

 なかには、「入社してから、さらに激しい競争をさせ、結果的には半分くらいしか残らないことを見越して採用している」企業もあります。


 具体的に「戦略的パワハラ」の手口を紹介しよう。

 まず、この手の(社員を使い捨てにすることを前提として採用する)会社にはリストラ担当の職員がいる。彼らは狙いをつけた職員を個室に呼び出し、「お前は全然ダメだ」と結論ありきの「指導」をする。業績不振をあげつらうこともあれば、「うちの社風に合っていない」と「指導」することもある。そしてその職員が「ダメな奴」であることを前提に、様々なタスクを課す。

 たとえば、PIP(Performance Improvement Program:業務改善計画)と称して達成不可能なノルマを設定させ、「そのノルマを達成できないなら責任をとれ」と転職をほのめかす。達成可能なノルマを設定すると、「意識が低い」とつめよられるため、この手のPIPに入ったら逃げ道は無い。

 Y社の場合には、「リカバリープラン」と称して精神的に追い詰めるようなタスクを課していた。坊主頭での出勤を命じたり、コンサルタント会社の集まる社ビルにスウェットで出勤するよう命じたり、他にも「コミュニケーション力を上げるために」と駅前でのナンパ、中学校の漢字の書き取りなどをさせる。いずれのタスクもやり遂げたところでその状態から脱け出せるわけではなく、当然ながら本人にとっても意味が感じられない。

 会社からの「指導」に素直に従ってしまう人は私たちに相談に来る人の中でも多く、ある人は会社に認めてもらおうと難しい資格を短期で3つも取って能力を示した。にもかかわらず、会社は「うちに合わないから改善が必要だ」と追い込む。

 こうしたことを繰り返していると、人間は驚くほど簡単に鬱病や適応障害になる。そうなった頃に、「会社を辞めた方がお互いにとってハッピーなんじゃないか」と転職を示唆するのである。「解雇してほしい」と労働者が言ったとしても、「うちからは解雇にしないから自分で決めてほしい」と、退職の決断はあくまでも労働者にさせる。

 精神障害になることは最初から想定されているため、労働者が病気になるまで追い詰められたとしても会社は躊躇しない。適応障害になったと報告した社員に「ほら、前からうちには合わないって言っていた通りでしょ。あなたはうちには適応できないんですね」と言って謝罪させ、一緒に精神科の産業医のもとに行って「この人はうちで働き続けない方がいいですよね」と産業医に同意を求め、更に精神的に追い込んだ例もある。

 労働者が最後まで「辞めない」と言ったとしても、病気になってしまえば後は簡単だ。

 休職に持ち込み、休職期間中も定期的に嫌がらせを行い、休職期間の満了まで「復職できない」と判断すればよい。「戦略的パワハラ」の事例を通して、労働者の健康がどれだけ軽視されているかがよくわかるだろう。

「戦略的パワハラ」の弊害は経済的にも生じる。雇用保険を利用するとき、自己都合で辞めた人には3ヶ月間の受給制限期間が設けられる。このペナルティを、本来受けるべきでない労働者が受ける。雇用保険も受給できない状態で、鬱病で放り出されることになる。



あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  4. 4

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  5. 5

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  8. 8

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。