記事

「がんばらない」も選択肢のひとつ。自分の意思で人生を選んでいこう

1/2

サイボウズ式特集「そのがんばりは、何のため?」。

今回は、中医学と心理学の観点から、「健康にたくましく生きられる生活習慣」を提案する漢方コンサルタント・櫻井大典さんのコラムです。

こんにちは、櫻井大典と申します。現在、わたしは漢方コンサルタントとして、さまざまな患者さんの健康相談を行っています。

日々、患者さんからいろんな相談を受けるなかで、特に私が感じるのは「多くの人は、もう十分にがんばっている」ということです。

一方で「自分の意思と信念を持って、人生を選択している人は多くはない」ということも感じます。

そこで本コラムでは、「がんばりと選択」についてお話してみたいと思います。

自分のがんばりを実感して「これでいいんだ」と思えること

SNSが普及したことによって、これまで手の届く範囲にしか存在しなかった「自分の世界」のほかにも、違う世界があることが見えるようになりました。

ただ、SNSを通して見えてくるのは、小ぎれいな世界が多いですよね。ビジュアルから受けるインパクトはやはり強いので、僕たちはその小ぎれいな世界と自分の世界を比べてしまいがちです。

「こんなに毎日がんばっていて、わたしは楽しいことなんて何もないのに、どうしてこの人たちは楽しそうなんだろう?」

「やりたいことをやって稼いでいる人がいる一方で、わたしが我慢してやっている大変な仕事って何なんだろう?」

そんなふうに周りとの格差を実感しては落ち込み、息苦しくなっていませんか? 僕はそういうふうに感じる人たちに、「がんばらなくても、このままでいいんだよ」とお伝えしています。

だって、周りから見てキラキラとしていなくても、「起きて、着替えて、歯を磨いて、化粧をして、会社に行く」と日々の生活を送るだけでも、あなたは十分にがんばっているんですから。

まずは、そのがんばりを実感して、「自分は十分がんばっているんだ」と気づいてあげましょう。

「やめる」という選択肢を遠ざけようとしなくていい

それでも、周りを見渡せば、毎日の生活を送るだけでも「〜しなきゃいけない」とがんばっている人が多いように感じます。

本来は、選択肢に「何もせずに、がんばらないこと」もあるので、「布団の中で、ただ寝ていること」だってできます。でも、ほとんどの人は、ちゃんと起きて会社に行っていますよね。

繰り返しになりますが、その時点であなたはもう十分にがんばっているんです! だからこそ、そこからさらに「誰かの期待に応えよう」「キャパシティを広げよう」とまでしなくてもいいのではないでしょうか。

もちろん、がんばって評価されたい人は別ですよ。そうしたい人はそうすればいいし、できる人はどんどんしていけばいいと思うので、がんばる人を否定するわけではありません。

ただ、みんなが同じようにがんばらなくていい。それぞれに考え方や価値観には違いがあるし、いろいろな事柄に対するキャパシティには個人差があります。

たとえば、仕事における「自分のキャパシティ」=「コップの容量」だとしましょう。

コップの容量には個人差があって、小さいコップを持っている人もいれば、大きなコップを持っている人もいます。小さいコップにたくさんの水を注いだら溢れてしまうように、対応できる仕事量は人それぞれに違うんです。

それに気づかず、周りと比べては「あの人はこんなに仕事をこなしているんだから、わたしも同じようにしなきゃいけないんだ」とがんばってつぶれてしまう人は少なくありません。

できないことをしようとすればするほど、しんどくなるものです。その苦しさを感じているのであれば、「やめる」という選択肢を遠ざけないほうがいいと思います。

できないことを、できるようになっていかなくてもいいんです。小さいコップには小さいコップの用途があるように、あなたにしかできないことは必ずあります。それをきっちりと、ていねいにやることのほうが重要です。

「がんばる」には義務感、「気合をいれる」には自分の意思がある

そもそも、「がんばる」と「気合いをいれる」は違います。

がんばるには「耐える、我慢する」という意味が含まれていて、「がんばって〜しなきゃいけない」という思考に陥りがちです。嫌なことを無理にしている感じがします。

それを続けると、精神的な疲労を感じたり、不安感が強くなったりします。中には、不眠や頭痛、吐き気や血圧上昇など、いろいろな症状が表れる人もいるでしょう。だから、僕の中では、がんばることにポジティブなイメージはありません。

一方、「気合いをいれる」には前向きなイメージがあります。自分から取り組もうとする意思があって、すぐ行動に移れるような状態だととらえています。

だから、やらなきゃいけないことがあったときには、普段は抜いている力をその場だけいれて、乗り切るようなイメージを持っています。言葉の小さな違いに思えるかもしれませんが、それが与える心への影響は大きいものです。

たとえば、いつもはカウンセリングの予約が10件しかなかったのに、今日はたまたま20件の予約があったら、やるしかありませんよね。そんなときは気合いをいれて、その場を乗り越えていき、明日からは通常営業に戻るようにするんです。これが、本来の日常生活の送り方だと考えています。

ちなみに、自分が「がんばっている」のか「気合を入れている」のかわからない場合は、「食事」「睡眠」「便通」の3点を確認とするといいでしょう。
■食欲
(正常)ちゃんとお腹が空いて、食べたい物がある
(異常)いくら食べても満足できない、食欲がない
■睡眠
(正常)ちゃんと眠れている、ちゃんと起きられる
(異常)眠れない、常に眠たい
■便通
(正常)毎日、硬くないゆるくない、バナナ状の便が必ず出る
(異常)便秘、下痢になる
この3点がゆらいでいたら、がんばりが続いて、疲れてるかもしれませんね。

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  4. 4

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  5. 5

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  6. 6

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  7. 7

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  8. 8

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  9. 9

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  10. 10

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。