記事

2012年のSEOに影響を与えたGoogleの変化を総括

1/2
2012年も残すところ、後一か月を切りました。今年はGoogleがかつてない規模で数々のアルゴリズム更新を行い、SEO業界も激動の日々でした。ということでサーチエンジンランドからそんな2012年のSEOをいち早く総括した記事を。 — SEO Japan

画像を見る
過去12ヶ月間(2011年11月から2012年11月)、SEOのプロはSEOに影響を与えるグーグルの大きな変更を目の当たりにしてきた。

評判 & 信頼

今年よく目にした、または耳にしたことが多いワードが、評判と信頼であった。と言っても、SEO業者の評判管理サービスではなく、ウェブサイトのコンテンツ、デザイン、そして、外部リンクにおける信頼である。

設立以来、グーグルおよびその他の検索エンジンは、詐欺的な策略を批判し、一貫した質の高さを推奨してきた。しかし、ここ1年間で、グーグルは今まで以上に効率よく、尚且つ広範囲に渡って、劣悪な行動を取り締まることが出来るようになった。ついに本腰を入れたのだ。

声を上げるようになったグーグル

過去、グーグルは、ウェブマスターツールでブラックハットなウェブスパムに関する警告を行ってこなかった。しかし、今年の4月にグーグルが送信するメッセージおよび警告のタイプを拡大したことで、変化が生じた。

画像を見る

Google、2ヶ月間でウェブマスターツール経由で70万本以上のメッセージを送る」(日本語)を参照にしてもらいたい。

ペンギン

グーグルは、ペンギンを4月24日に導入した。ペンギンは、人為的な外部リンクの兆候を持つウェブサイトにペナルティーを与える。以下の分析スタッフにはペンギンの効果が色濃く表れている。

画像を見る

回復に関しては、ウェブサイトはどれだけリンクが古くても、人為的で質の低いリンクをすべて削除する努力をしなければいけないとグーグルは主張している。グーグルはリンク無効化ツール(日本語)を先月提供していたが、投稿を強い推奨と見なしているため、手っ取り早くスイッチをオフにするツールではない。

また、リンク無効化ツールを使ったとしても、グーグルは急いでサイトの状態を回復するわけではない。事実、グーグルは再びクロールを行い、無効化するまで待つ。スパイダーがサイトの奥深くにあるページ、または質の低いページを訪問するまでに数週間、または数ヶ月間を要することもある。さらに、グーグルは、一部のドメインは修復することが出来ないと指摘する主張を変えていない。

グーグルが信頼することが出来ないリンクを無視している点に注目する必要がある。つまり、スタッツの閾値を超えるまでは、ウェブサイトは幾らかの信頼出来ないリンクを維持することが出来るようだ。また、ペンギンは手動のレビューの代わりではない。そのため、グーグルは、ペンギンが保証したとしても、信用出来ないリンクがあることを理由に、サイトに手動のアクションを行う可能性がある。

パンダ

パンダとは、質の低いコンテンツを多く抱えているウェブサイトにペナルティーを与えるアルゴリズムである。2011年の11月18日以降、グーグルはパンダを13回アップデートしてきた。パンダは、比率に基づいて罰を与える。質の低いコンテンツを削除し、代わりによく練られた有益なコンテンツを掲載したサイトはパンダから回復している。さらに、重複するコンテンツ、または重複に近いコンテンツを組み合わせる、もしくは区別する取り組みを行っているサイトも復帰している。複数の支社に対するページをそれぞれ作り、街、州、住所以外は全てテキストが同じ場合、ペンギンに捕まる可能性がある。

質に対する見返り

グーグルは質の低さを探すために多くの時間を割いているように思える。そのため、6月 – 7月のウェザーアップデートで質の高いページを特定し、見返りを与える取り組みを行った点は、嬉しい変化と言えるだろう。

ウェブスパム

今年の4月、次のニュースをマット・カッツ氏が発表していた:

今後数日の間に、グーグルはウェブスパムをターゲットにした重要なアルゴリズムの変更を実施する。この変更により、グーグルの既存の品質ガイドラインを違反しているとグーグルが判断したサイトのランキングは下がる。


http://goo.gl/LnG1l

カッツ氏はクエリの3.1%が影響を受けると推測していたものの、アルゴリズムの仕組みに関しては、明確に示さなかった。あからさまなキーワードスタッフィングが例として挙げられていた。また、2つ目の例として、操作したコンテンツ内のリンクを挙げていた。この点に関して、マット・カッツ氏は次のように説明していた:

この変更の影響を受けるサイトは、徹底的な分析や専門的な技術がなければ、スパムを行っているようには見えないサイトである。しかし、こういったサイトは、ホワイトハットSEOを遥かに超越した取り組みを行っていると言う共通点を持ち、グーグルはこのようなウェブサイトはウェブスパムの手法に手を染め、検索エンジンのランキングを操作していると考えている。


ちなみにこのアップデートには言語分析も含まれているのではないかと私は思っている。

あわせて読みたい

「SEO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。