記事

出会いから2か月で決断 慎重な眞子さまはなぜ結婚を急いだのか

国際基督教大学の学生時代、眞子さまは小室さんとどんな距離感だったのか(撮影/JMPA)

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)と小室圭さん(29才)との結婚問題は、いまなお具体的な進展がない状態が続いている。

【写真】シルエットが綺麗に現れるラインのドレスをお召しになった眞子さまと佳子さま。ほか、白ベースコーデのお二人、小室圭さん一家秘蔵写真も

「交換留学前からおつきあいをはじめました。この当時、お互いに、おつきあいをする人は結婚を考えられる人でありたい、という共通の認識がございましたので、結婚につきましては、当初より念頭にございました」

 眞子さまが2017年の婚約内定会見でうれしそうにそう語られたのは、紛れもない本音だっただろう。眞子さまは、2012年6月に出会われた小室さんと、8月には結婚を考えていたということになる。

「眞子さまは聡明で落ち着きがあり、物事を熟考してから行動するタイプです」と宮内庁関係者は言うが、ではなぜこと結婚に関しては、ここまで急がれたのか。

 小室さんは会見で、2013年12月にプロポーズをしたと明かしている。小室さんはまだ学生の身だ。生計を立てる術を持たない段階でのプロポーズは、見方によっては無計画で無責任ではある。しかし、別の見方をすれば、そこには夢やロマン、そして並々ならぬ自信が感じられる。

「一般家庭ではまったく現実的ではないと感じることでも、皇室という環境は、一般の現実とはかけ離れたところにあることは否めません。小室さんの浮き世離れした感覚が、たまたま眞子さまに夢見心地を演出したのではないでしょうか」(皇室関係者)

 その夢は、恋人の母親と親しく接することでも、より鮮やかに色彩を帯びていく。

「小室さんは早い段階で、眞子さまを母の佳代さんに紹介していたそうです。小室家のある横浜で頻繁にデートをしていたそうですから。交際当時から、眞子さまがわざわざ佳代さんがパート勤務をする洋菓子店にケーキを買いに行かれたこともあったそうです」(皇室記者)

 眞子さまの目に佳代さんは“将来の義母”として好ましく映ったようだ。

「いまも眞子さまは佳代さんとメールなどで頻繁に連絡を取り合うなど、かなり親しい関係を築かれているようです」(前出・宮内庁関係者)

 佳代さんは小室さんを“王子”“バイオリンの天才”と呼ぶなど、目の中に入れても痛くない育て方をしてきた。

「皇族として立派に務めを果たせるようにと育てられた眞子さまにとっては、そうした母子関係も新鮮に映ったのでしょう。佳代さんから眞子さまへの語りかけも、眞子さまが気持ちを固める要因の1つだったのではないでしょうか」(前出・皇室関係者)

 そうした婚家からのアプローチに加え、眞子さまには生家からの“教え”もあった。

「秋篠宮さまは学生時代に出会われた紀子さまと、紀子さまが大学院在学中に婚約されています。眞子さまはご自身も、ご両親のようにありたいと考えてこられたはずです。皇族ですから、学生のうちでないと異性との出会いも少ないという事情も、眞子さまを焦らせたのかもしれません。秋篠宮さまも以前、“結婚相手は学生のうちに見つける方がいい”といった発言をされたこともあったそうです」(前出・宮内庁関係者)

 報じられる前から、キャンパスでは公然の秘密だったという眞子さまの恋。

「ペアリングをし、『まーちゃん』『けーくん』と呼び合う仲で、キャンパスが暗くなってからもベンチに腰掛け、長い時間を過ごしていた様子もよく見られていたようです」(前出・皇室記者)

 交際が始まった頃、小室さんは連絡用のメールアドレスを変えた。眞子さまを呼ぶ愛称やお互いの誕生日が組み合わされた文字列だったという。小室さんはプロポーズの約半年後の2014年7月、メガバンクに入行した。

「新人は長期にわたって宿泊を伴う研修を受けます。小室さんには毎朝、モーニングコールがかかってきていたそうです。いま思えば、眞子さまだったのでしょうね」(当時の小室さんを知る人物)

 この時期、小室さんはたびたび秋篠宮邸を訪れ、眞子さまの部屋で過ごすこともあったという。眞子さまは2014年9月から1年間、再びイギリスに留学された。

「眞子さまの留学先に、日本から小室さんが駆けつけたのです。5月の連休を利用してのことだったそうです。国外での久しぶりの逢瀬は、距離をぐっと近づけるものになったでしょう。ただ、留学先で会われていることを、美智子さまはご存じなかったそうで、報道で知られて驚かれていたそうです」(前出・皇室記者)

 今年1月に予定されていた歌会始の儀は、いまのところ3月に延期されての開催が予定されている。昨年、『望』というお題に合わせて、小室さんを彷彿とさせる歌を詠んだ眞子さまは、今年のお題『実』をどのように解釈されるのか。その歌会始で皇室に春が告げられたあと、小室家側が結婚について動き出し、めでたくゴールとなるのだろうか。

※女性セブン2021年2月18・25日号

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  2. 2

    企業も社会も、相手に変化を求めるときはまず相手の想像力を引き出す - 「賢人論。」133回(中編)前刀禎明氏

    みんなの介護

    03月04日 20:18

  3. 3

    中国が台湾産パイナップルを輸入禁止に 自民・城内氏「買って台湾を応援しましょう」

    城内実

    03月04日 16:49

  4. 4

    平均賃金は韓国以下…「貧しい国」になった日本が生き残るための“新常識” 2021年の論点100 - 加谷 珪一

    文春オンライン

    03月04日 10:23

  5. 5

    絶望的な格差社会を漂流する高齢者たち アメリカが「車上生活」なら日本は「万引き」という悲劇

    木村正人

    03月05日 08:33

  6. 6

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  7. 7

    落合陽一氏「たとえ感染が収束してもコロナ前に戻す必要はない」

    NEWSポストセブン

    03月04日 14:19

  8. 8

    国内の感染者第一号から1年 一向に有事モードに完全転換しきれない政府

    塩崎恭久

    03月04日 18:03

  9. 9

    ジェネリック医薬品大手で不適切製造か 安全より利益追求する企業に呆れ

    中村ゆきつぐ

    03月04日 09:16

  10. 10

    石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気

    女性自身

    03月04日 16:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。