記事

「具体的プランがなく、無責任極まりない」?~混乱する「日本維新の会」

「政治家の役割は官僚ではできない大きな方向性を示し、官僚にプランを作らせ実行することだ」

先日の政権公約、「骨太2013-2016」発表記者会見の席上、政権公約に添付した「政策実例」に掲げた「結果として、既設の原子炉による原発は、2030年代までにフェードアウトすることになる」とする原子力政策の具体的道筋を問われてこのように言い放った橋下日本維新の会代表代行。

その橋下日本維新の会代表代行は、2日、日本未来の党が発表した「遅くとも10年以内に、すべての原発が廃炉となる『卒原発』への道筋を作る」としている選挙公約について、「具体的なプランがなく、無責任極まりない」と批判した。

自らの「公約には当たらない政権公約」で具体的プランを示さなかった理由を、「政治家の役割は官僚ではできない大きな方向性を示し、官僚にプランを作らせ実行することだ」としていた橋下代表代行が、「卒原発」を掲げる日本未来の党の選挙公約を「具体的なプランがなく、無責任極まりない」と批判するのは、如何なものだろうか。

そもそも、橋下代表の「政治家の役割は官僚ではできない大きな方向性を示し、官僚にプランを作らせ実行することだ」という発言は、朝日新聞が29日に「日本未来の党―脱原発の工程を示せ」という社説を掲載し、「卒原発」を掲げる日本未来の党に具体的工程表を示せと迫ったことに対するマスコミ批判として発したもの。

「工程表作りなんて選挙で選ばれた僕ら公選職が作れるわけないですよ。原発を可能な限り収束させていくプランなんて言うものを、政治家とその周りの取り巻きのブレーンだけで作れるなんて絶対にありえない」と断言し、「脱原発の工程を示せ」と迫ったマスコミを批判していた橋下代表が、日本未来の党の公約について「具体的なプランがなく、無責任極まりない」と批判するのは何とも説得力に欠けるもの。

こうした発言は、橋下日本維新の会代表代行は、石原日本維新の会代表と自分は「政治家」であり、日本未来の党の嘉田代表は「官僚」だと見下していること、そして、予想外に日本維新の会の支持が広がらず、日本未来の党の支持が強いという現状に焦りを感じていることを感じさせるもの。

「代表に、まだ細かいところの説明はしておりませんから…」

日本維新の会の石原代表が11月30日に行われた党首討論会で、「既設の原発は、30年代までにフェードアウトすることになる」という公約を、「公約は直させた」と撤回する考えを示したことについて、松井日本維新の会幹事長は「公約は代表、代表代行の2人で記者会見して発表したわけですから、はっきりと日本維新の会の党としての決定」と明言、公約の撤回を否定した。そのうえで、「石原代表には公約に関する細かいところの説明はしていない。近々、最終のとりまとめがされる。それを出せば完全にわかっていただけると思う」と、語った。

「代表に、まだ細かいところの説明はしていない」段階で、代表と代表代行が公約発表記者会見を開くというのは、政党組織として何とも信じ難いこと。さらにややこしいのは、政権発表記者会見で橋下代表代行が、「骨太2013-2016」が政権公約であって、これに添付した「政策実例」は選挙公約でないと明言していたこと。だとすると、石原代表の「公約は直させた」というのは事実であり、松井幹事長が「はっきりと日本維新の会の党としての決定」と明言して、公約の撤回を否定する必要はなかったということ。

「政党のガバナンスルールを変える
政党法制定→政党のガバナンスの透明化、意思決定プロセスと責任の所在の明確化」

先日発表した選挙公約ではない「政策実例」にこのように明記している日本維新の会。今回の原発政策に関するドタバタ劇は、日本維新の会自らが、「政党のガバナンスルール」以前の「政党内のガバナンスルール」の問題を抱えていることを露呈するものになってしまった。

あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。