記事

「“普通の恋愛”ができなくなった」 モデル並みの22歳美女が、彼氏よりもパパ活を優先するワケ 小説家・志駕晃さんインタビュー#1

1/2

 現実の話かと錯覚するほどリアリティある小説『彼女のスマホがつながらない』(小学館)。パパ活をするお嬢様女子大生、殺人事件を追う警察官と週刊誌編集者――。過去と現在の2つの時間軸で描かれたミステリーだ。

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 著者の志駕晃さんは、同作でパパ活や奨学金制度に潜む貧困問題に目を向けたと言う。志駕さんに話を聞いた。(全2回の1回目。後編を読む)

◆ ◆ ◆

「モデルのような美人が、5万円で――」

――『彼女のスマホがつながらない』ではお嬢様大学に通う女子大生が登場します。彼女たちの「パパ活」というお金の稼ぎ方が印象的でした。

志駕 パパ活は3年程前から広がった言葉。男性と食事や性交渉をしてお金をもらうシステムで、相手が既婚者であることがほとんどです。愛人のような立ち位置で、相手がお金持ちだと、時には海外旅行へ連れて行ってもらえることもあるんです。そこだけクローズアップすると、女性にとっては楽しそうに感じられ、惹かれるのかもしれませんね。


©iStock.com

――小説を書く上で、パパ活の取材もされたそうですね。

志駕 一昨年の秋からいろんなところに取材に行きました。というのも、パパ活って「食事だけ」「性交渉あり」などさまざまなパターンがあるんです。言葉として広い意味を持つので、取材も多岐にわたりました。

 私は主に高級交際クラブを取材していて、パパ活をしている20代の女子大生など、約10人に話を聞きました。どの子もキャバ嬢などの夜の街っぽさはなく、美人で受け答えもしっかりしていて、性格も明るい魅力的な子が多かったですね。でも突っ込んで話を聞くと、「体の関係アリは5万円でーー」という話になる。正直、ぎょっとします。

 今回、パパ活をする女子大生を小説に登場させたのにはいくつか理由があります。一つは『女性セブン』の連載小説企画だったから。同誌の読者は30代後半から60代の女性が中心。パパ活というテーマは「自分の娘がパパ活をしたら」「もし、若い頃にパパ活があったら」と興味を持っていただけるのではないかと思いました。

 また、パパ活の背景には女性の貧困問題があります。これはデビュー作の『スマホを落としただけなのに』(宝島社)から、私が興味を持って調べている分野でした。

 現代の日本女性は、昔に比べると奨学金返済に苦労したり、派遣社員などの不安定な雇用が増えたりして、都内で独り暮らしするには厳しい状況に陥っています。そこを描きたいと思ったんです。

彼氏よりもパパ活を選ぶ 母子家庭で育った女子大生

――女性が18歳以上であれば、性交渉でお金をもらう、いわゆる売春であっても刑罰に当たりません。一方で、既婚者のパートナーにばれると不倫として金銭を要求される可能性はありますね。

志駕 そうですね。ただパパの奥さんにばれたとしても、大学の同級生など彼女たちの周りの人間には本人が言わなければばれないんじゃないでしょうか。

 彼女たちが公にされて困るのは親や大学です。事が大きくなれば就職にも響きますから。

――なるほど。では注意すれば、ばれるリスクは少なく過ごせそうですね。

志駕 時にはばれますけどね。相手として多いのは、一緒にいる時間が長い彼氏のようです。

 取材した22歳の女子大生は、彼氏にばれて一度はパパ活をやめた方でした。彼女は彼氏とのお付き合いを優先したのですが、彼が疑心暗鬼になってしまい、DVっぽく責められることが続いたそうです。

 でも彼女が何よりも困ったのはパパ活をやめたことで減っていくお金です。生活にも影響が出て、とうとう「彼氏と付き合っていてもお金は増えないし、メリットがないから」と、別れてしまう。そしてパパ活を復活させるんです。

「普通の恋愛ができなくなった」

 彼女はそう言って、将来について不安そうにしていました。それに就職希望でしたから、パパ活をやめた後、社員としての収入だけで生活をコントロールできるか、わからない様子でしたね。

――その女性はなぜパパ活を始めたんですか?

志駕 奨学金が理由です。大学に進学した後、奨学金の返済や生活費でお金に困ったそうです。でも、母子家庭で育ったから、母親に経済状況を打ち明けて頼ることができなかった。かといって、バイトに明け暮れると学業についていけなくなります。

 そこで最初に選んだのが高い時給をもらえるキャバクラでした。でも肌に合わなくて、ラウンジに勤め先を変えーー。そこでお客さんに誘われて愛人のような関係になり、やがて本格的にパパ活に手を出すようになったんです。

――パパ活にたどり着くまでがあっという間ですね。

志駕 こういう話って、パパ活をしている女性と話すと普通に出てくるんですよね。

 私自身、最初はパパ活に対して、どこか信用できない気持ちを抱えていました。でも実際に話してみると、いままで出会ってきた女性と変わらない方たちばかり。そこに、パパ活に手を出さないと生きていけない切実さを感じましたね。

 もし私が、彼女と同じ立場だったら「パパ活はやらない」と断言することができない。そのくらいお金に困っている現状があるんだと思います。

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  3. 3

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  4. 4

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  5. 5

    養老孟司「生死をさまよい、娑婆に戻ってきた」病院嫌いが心筋梗塞になって考えたこと

    PRESIDENT Online

    04月18日 15:46

  6. 6

    日米共同声明 実務ベースで進めていく力が菅内閣にあるのか

    ヒロ

    04月18日 10:27

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  9. 9

    大阪府 過去最多の1220人が感染 6日連続で1000人超え

    ABEMA TIMES

    04月18日 18:26

  10. 10

    黒人女性を撃った警官の内幕モノにネットの非難轟々

    島田範正

    04月18日 16:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。