記事

「“性的関係あり”でも仕事だと割り切れないなら続かない」 20年間パパ活で稼いだ女性が明かす“恋愛感情”とは 小説家・志駕晃さんインタビュー#2 - 志駕 晃

1/2

「“普通の恋愛”ができなくなった」 モデル並みの22歳美女が、彼氏よりもパパ活を優先するワケ から続く

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 小説『彼女のスマホがつながらない』(小学館)のためにパパ活を取材し、女性の貧困を感じたと話す小説家・志駕晃さん。パパ活に恋愛感情は存在するのか、コロナ禍の混乱を取り入れた小説について聞いた。(全2回の2回目/前編を読む)

◆ ◆ ◆

20年間パパ活をしていた女性 「仕事だと割り切らないと続かない」

――パパ活で恋愛感情は生まれますか?

志駕 女性が恋愛感情を持つことはほとんどありません。男性も家庭を持っている既婚者が多いので、恋愛には発展しにくいのかもしれません。肉体関係がない場合も、父と娘という疑似親子のような状態になっていきます。

 もし、片方が恋愛感情を持つと、パパ活の関係は終わってしまいます。とくに男性が恋愛感情を持つと、「そんなつもりはないのに」と女性が別れを切り出すケースが見受けられます。彼女たちはあくまでも、パパ活を仕事だと思っているんですね。

 パパ活が終わったら、どちらが原因で別れたかにもよると思いますが、基本的には連絡をとらなくなります。


©iStock.com

――独身の利用者もいるんでしょうか。

志駕 いなくはないですよ。でも僕からしたら、お金持ちで独身、でも彼女を作らずにパパ活に精を出すっていうのは、男性側の心の闇を感じます。なぜ出会い系やマッチングアプリなどには手を出さないんでしょう。そこにはつまり、お金を媒介しないと女性と関われない弱さがあるんだと思います。

 男性の利用は30代〜60代ぐらいが中心です。半分恋愛したい男性がやってくるとミスマッチが生じ、トラブルが起こる。だからこそ、40代~60代で既婚者、でも女性好きのお金持ちという方がメリット・デメリットのはっきりした関係になるので、ビジネスとしてのパパ活がうまくいきます。

――パパ活は金銭で割り切る、合理的な不倫という印象も受けますね。

志駕 あんまりやりすぎると、不幸な結果になるでしょうけどね。

 大多数は、援助交際に近い付き合い方です。でも、中には肉体関係がなく、会って食事をするだけでお金がもらえるという女性もいますよ。夢みたいな話ですよね。

 実は、パパ活を20年間やっていたというベテランの女性にも取材したんです。彼女が言うには、「パパ活は、性的な関係になっても“仕事”だと割り切れなかったら続かない」ということでした。女性にとって、あくまでお金のためなんですね。

 彼女は結局、パパ活をしていることを承知していてそれでも愛してくれる男性と出会って、結婚を機に40代で引退されました。それまでは何千万も稼いでいたそうですよ。

キャバクラとの違いは「応援したい」という気持ち

――お金のためのパパ活。同じように金銭が発生するキャバクラと似ているように感じますが、違いはどこにあるんでしょう?

志駕 一番の違いは、キャバクラは疑似恋愛でお金をひっぱるけど、パパ活では女性のピュアさと性格の良さ、将来の夢に投資することでしょう。

 中には、偏差値の高い大学に通っている女子大生もいます。これは男性受けがいいという理由もありますが、「いい思いをするためにはすれていない必要がある」というパパ活のシステムが根底にあります。

 交際クラブやラウンジで知り合った男性は、キャバクラには行き慣れているお金持ちが多い。余裕があるから、性的な関係はなくてもガツガツせずに女性にお金をそそぎます。

――なるほど。若い人を応援する年長者の気持ちもあるんですね。ちなみに、パパ活は東京などの都市部に限る話なんですか?

志駕 いいえ。小説では、関東圏のお嬢様大学に通う女子大生を登場させていますが、地方にも交際クラブはありますし、アプリはどこでも利用できますから、全国に広がっています。大阪や福岡などで会うのも一般的でしょうね。男性側が「出張先まで遊びにおいで」と女性を呼ぶこともあります。

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  6. 6

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  7. 7

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  8. 8

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  9. 9

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。