記事

「失言大魔王」なぜ森喜朗会長の暴言はずっと許されてきたのか

1/2

「あなたはどう思うんですか」と記者に逆質問

2月4日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などとした発言を撤回し、謝罪した。

日本オリンピック委員会の女性理事増員方針をめぐる発言について記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長
日本オリンピック委員会の女性理事増員方針をめぐる発言について記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=2021年2月4日、東京都中央区(写真=時事通信フォト)

当初は「深く反省している」と述べていたが、記者会見が質疑に入り、会長としての適性を問われると「さぁ」と首をかしげ「あなたはどう思うんですか」と記者に逆質問した。さらに食い下がる記者に向かって「面白おかしくしたいから聞いているんだろ」と言い放った。

問題の発言は森氏が3日、日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会にJOC名誉委員として出席し、主なスポーツ団体で女性の理事の割合を40%以上にするスポーツ庁の目標に言及した際に飛び出した。

発言は次のようなものだった。

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」

「女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」

「結局、あんまりいうと、新聞に書かれますけど、女性を必ずしも数を増やしていく場合は、発言の時間をある程度、規制をしていかないとなかなか終わらないで困る」

ちなみにJOCの理事は25人で、そのうち女性は5人と少ない。このため女性の割合を40%以上に引き上げることを目標に掲げている。

「子どもをつくらない女性を税金で面倒をみるのはおかしい」

沙鴎一歩は森氏の問題発言を知ったとき、「また失言癖が出たな」と思った。森氏は首相時代(2000年4月~2001年4月)を含めて失言や暴言を繰り返し、永田町では「失言大魔王」の異名で呼ばれてきた。今回の女性蔑視発言も自民党幹部からは「またか」と半ばあきらめの声が出ている。

ここで森氏の過去の失言をいくつか振り返ってみよう。

「日本は天皇を中心とする神の国である」

これは森氏が首相だった2000年5月の「神道政治連盟国会議員懇談会」の祝賀会での発言だ。日本国憲法にある国民主権を否定する「神の国発言」と批判された。

「子どもを一人もつくらない女性を年取ってから税金で面倒をみるのはおかしい」

首相退任後の2003年6月、自民党少子化問題調査会長として鹿児島市の公開討論会でこう話し、問題にされた。森氏の女性蔑視発言は、今回だけではない。根っからの女性蔑視者なのである。

たまに思わず発する失言こそが本音だともいえる

こんな失言もあった。

「あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね」

ソチ五輪で代表だったフィギュアスケートの浅田真央選手の演技に対する2014年2月の発言だ。これにはスポーツ選手など多くの人々から批判の声が上ったから覚えている人は多いだろう。

この前後にはこんな発言もあった。

「見事にひっくり返っちゃいましたね。転んだことが心の傷に残って、今度は転んじゃいかんという気持ちが強く出たのだと思います」 「日本は団体戦に出なきゃよかった。負けると分かっていた。浅田さんを出して恥をかかせることはなかった」

森氏の失言はこの他にもたくさんあるが、森氏自身は失言や暴言だとは思っていない。自分の思いを素直に話しただけだと考えている。だから何度も失言や暴言を繰り返し、「問題発言だ」と批判されるのである。よく言えば馬鹿正直なのかもしれない。

どんな政治家にも失言はある。政治家の言葉と言われて連想するのは、失言や暴言、問題発言だ。政治家と失言は切り離せない。裏を返せば、政治家の言葉はうそで塗り固められ、たまに思わず発する失言こそが本音だともいえる。

あわせて読みたい

「森喜朗」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  4. 4

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  5. 5

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  6. 6

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  7. 7

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  10. 10

    森会長の発言ってどうしてここまで叩かれてるの?と思った時に読む話

    城繁幸

    02月25日 15:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。