記事

200万円の生活福祉資金の返済免除と10万円一律給付の8万人署名 動き続ける生活支援策

[画像をブログで見る]

2月7日、田村厚生労働相が最大200万円まで無利子で貸付を受けられる生活福祉資金について言及した。

最大200万円まで無利子で生活費を貸し付ける生活福祉資金。

その返済免除の具体的内容の整理を急ぐ考えだ。

田村憲久厚生労働相は7日のNHK番組で、新型コロナウイルス感染拡大で困窮した人向けの生活費貸付制度「総合支援資金」について、「返せない方々にまで返せと言わないよう、返済免除の基準を早急に検討して結論を得たい」と対応を急ぐ意向を明らかにした。

政府は緊急事態宣言延長に当たり、総合支援資金の貸し付け上限を180万円まで引き上げた。所得の減少が続く住民税非課税世帯は返済を免除するとしているが、詳しい要件は決まっていない。田村氏は、免除された場合はその分が所得と認められ課税される問題があるため、整理が必要と説明した。

返済免除、早急に検討 コロナ困窮、生活費貸付 田村厚労相

政府は一貫して、一律10万円の特別定額給付金の再給付には否定の姿勢を示してきたし、麻生財務相は生活困窮者への限定的な給付にさえ、否定的な考えを示してきた。

そのようななかで、田村厚労相は動きを活発化させている。

麻生財務相の「生活困窮者への限定給付をする考えもない」という意見に反して、生活福祉資金貸付の返済免除を具体化させて、事実上、給付にする場合の措置を検討している。

麻生財務相 VS 田村厚労相の構図にも注目したい。

つまり、田村厚労相は生活福祉資金貸付制度を利用した人に対して、無理な返済要求をしないし、事実上、貸付ではなく給付にする際のあり方を検討し始めた。

この部分が確定すれば、制度利用を促すこともできるし、より生活福祉資金が利用しやすくなるだろう。

新型コロナ禍で収入減少、生活苦に陥り続けている人たちには、生活福祉資金が貸付ではなく、給付措置として対応することが求められる。

本来は最大200万円まで一括で給付して良いはずだ。

この動き続ける生活福祉資金の制度概要については以下の記事など参照いただきたい。

カードローン、キャッシングなどで新型コロナ禍の収入減少を補填しているのであれば、無利子なので、積極的に制度利用も検討いただきたい。

さらに、償還免除、返済免除のあり方について、審議が続いているので、返済時は事実上の給付に切り替わる場合もある。

菅首相「生活困窮世帯には最大200万円貸付します」 いやいや #貸付ではなく一律給付金を の声

貸付を受ける際や問い合わせ先の窓口は、お住まいの社会福祉協議会である。

今週中にも気軽に社会福祉協議会へ相談して、申請を検討いただきたい。

そして、田村厚労相の方針に従い、厚生労働省には早急に給付措置へ切り替えた際の制度のあり方などを確定して、周知をしてほしい。

その一方で、2月7日には筆者が始めた一律10万円の特別定額給付金の再給付を求めるインターネット署名が8万筆を超えた。署名期間はまだ約1ヶ月であり、異例の数である。

毎日、給付金の再給付を求めるTwitterデモも行われていて、引き続き関心が高い。

給付金の再給付を求める声の高まりと合わせて、政府の生活支援策も拡充を続けている。

Twitterデモや署名活動に意味はあるのか、という意見もあるが、給付金を必要とする人たちが多くいることを「見える化」すれば、政府も何らかの対応をせざるを得なくなる。

政府による生活福祉資金の拡充や生活保護制度の利用促進などは、これらの給付金を求める運動と連動して動いている政策でもある。

人々の関心が高ければ、政府は動かざるを得なくなる。

また公助、公的支援に関心が高い人がTwitterデモや署名活動によって増えてくれば、自己責任、あくまで自助という福祉政策が弱い社会からの脱却も早まるだろう。

最近の生活支援策は多くの人たちがSNSを通じて声を上げることによって動いているので、可能な範囲で政府への政策要求を続けていくべきだ。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「厚生労働省」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  2. 2

    政治未経験だったトランプ前大統領が受け、政治家30年以上の菅総理が受けない理由

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

    02月27日 07:34

  3. 3

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  4. 4

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

  5. 5

    『青天を衝け』草なぎ剛&木村佳乃の共演にテレビ界が驚く理由

    NEWSポストセブン

    02月27日 17:45

  6. 6

    3月4月頃から世界や社会の流れが「逆流」するかもしれない話

    かさこ

    02月27日 09:52

  7. 7

    新築マンション広告に肝心の「現地案内図」や「価格」が載っていないのはなぜか

    NEWSポストセブン

    02月27日 08:56

  8. 8

    楽天トラベルを直撃…「GoToトラベル」再開決定前に“あとから割引き”を始めた理由は?

    SmartFLASH

    02月27日 13:39

  9. 9

    各国が頓挫するなか日本の教育支援が起こした南東欧の国・ボスニアでの「革命的変化」

    BLOGOS編集部

    02月27日 07:05

  10. 10

    「現場の国家公務員はお茶菓子も食べない」国家公務員の士気を下げる接待騒動

    国家公務員一般労働組合

    02月26日 22:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。